2016年08月22日

カラーベスト屋根の棟の対処&空調服

いやー,梅雨時期よりも天気悪いですね,関東。
そのお蔭で新記事書けるわけですけど。

一週間ほど前に新しい動画を公開しました。
前回公開の動画とこの動画の間に限定公開で3本動画があるのですが
「時事ネタ」を含むため,これを先に一般公開しました。

まずはご覧ください。
「カラーベスト屋根 棟板交換【曽根塗装店】」(8分)



屋根の頂上部を「棟」といい,
カラーベスト屋根(コロニアル屋根)の場合は
トタンが使われていることが多いです。
このトタンを「笠木」とよぶ場合もありますが
正式には「棟包み板金」といいます。
  ↓
カラーベスト屋根(コロニアル屋根)の棟

寸法関係は正確ではありませんが,断面図を作成してみました。
  ↓
カラーベスト屋根(コロニアル屋根)の棟の断面図

トタン「棟包み板金」の内側には
「棟板」または「笠木」もしくは「貫板」とよばれる木材があり,
トタンの側面から釘で固定されています。(赤丸囲いの釘)

その釘は通常「スクリュー釘」といわれるタイプで
その所以のギザギザがあるため抜けにくくはなっているのですが,
年数が経つと徐々にこの釘が抜け出てくることが多いです。
  ↓
棟包み板金の釘の緩み

釘が出てきている状態をあまりに放置すると,いずれ釘が抜け落ちて,
最悪の場合,台風などで棟包み板金が吹き飛んでしまうことがあります。
足場の上から ご近所の屋根を撮影した写真で,
実際に棟包み板金が無くなってる例です。
  ↓
カラーベスト屋根の棟包み板金が脱落


また,出てきた釘の頭を引っ張ると簡単に抜けてしまうことがよくあり,
その理由として,釘が棟板に対して水平ではなく斜めに打たれていて
「抜けてないだけで効いていない」というNGな状態であることが
ヒジョーーーに多いです。(経験上,その確率は70%以上です)

こんな具合に
  ↓
棟包み板金の釘の打ち方不良 写真

マウスポインタを乗せると図が変わります。
  ↓

棟包み板金の釘の打ち方の違い

ちなみに,NG(No Good)な打ち方の場合には
角度的に釘を伝って棟板まで雨水が浸みやすくなると思われ,
後年,釘が余計に抜けやすくなるようです,経験的に。

逆に,GJ(Good Job)な打ち方の場合,
20年過ぎていてもしっかり釘が効いていて何ともないこともあって
「この釘を打った屋根職人は真面目な人だったんだなぁ」
としみじみと感心することがあります。
(残念ながら そんな家は滅多に無いですけど)

昔は,釘頭が多少出てきていても,あまり考えず,
ただコンコンと打ち込んで,そのまま塗ってましたが
追跡調査の結果,打ち込んでも また出てくることがわかったので
現在はステンレスのビスで打ち替えることにしています。

ビス打ちにしなくても,出てきている釘を一旦抜き取り,
GJな打ち方に変更してもいいわけですが,
トタンの内側の棟板の厚さは15ミリ,
その厚さの真ん中を狙って正確に水平に釘を打ち込むのは
(やってみるとわかりますが)案外難しく,
私的にはビス打ちに換えちゃったほうが簡単です。
それに釘とは比較にならないくらい緩みにくく確実でもある。

使用するビスは下穴無しでスパッとトタンを突き通す
「板金オールラウンドビス ステンレス 3.7×40」がおすすめです。
(もちろんインパクトドライバー使っての話です,為念)
このビス,現時点では「Amazon」での取り扱いが無く,
ネット販売していても なぜか価格が高めなので
建築資材店やホームセンターで探してください。
  ↓
スクリュー釘とステンレスビス

板金オールラウンドビスステンレス 箱

当方,ばりばりのA型なのでw もう少し細かい話になりますが,
ビス打ちの位置はもともと釘が打ってあった位置よりも
少しずらして別の位置にした方が効きます。
  ↓
棟包み板金のステンレスビス留め後

棟包み板金のステンレスビス留め後のアップ

釘を抜いた跡の穴は,
「ポリパテ」か「クイックメンダー」で埋めます。
「クイックメンダー」で埋めた後の写真です。
  ↓
釘穴を埋めた後


で,私の場合,ステンレスのビスで打ち替える際,
釘を抜くついでにトタンをめくって「棟板」の状態を確認しています。
  ↓
カラーベスト屋根の棟木の状態を確認

カラーベスト屋根の棟木の状態を確認 別アングル

私の経験上,築15年を過ぎると,
「棟板」が腐っていることがあるので。
  ↓
棟木の腐食:築15年

棟木の腐食:築16年

全部交換なら本職の屋根工事業者を呼びますが,
部分補修の場合は私がやることもあります。
今回の動画のお宅は数量が少なかったので私がやりました。

棟板は通常は杉材の板で「貫板」という名前で売っており
伝統的な規格で寸法が決まっているようで,
厚さ15mm×幅90mm×長さ3650mm,ホームセンターで買えます。

「ACQ加工」といって,腐りにくくするために
あらかじめ薬剤で防腐処理してある板も存在しますが
売ってたり売ってなかったりするので,
今回は既存と同じく無処理の板を買ってきて
余っていた木材保護塗料を表も裏も3回たっぷり塗りました。

(※木材保護塗料とは「キシラデコール」に代表される
色付きの防腐防虫剤とでもいうような塗料です)

通常は塗装間隔12時間程度なので1日1回しか塗りませんが,
この場合,本当は塗料の中に浸してしまいたいくらいなので,
含浸させるべく吸い込んだところでさらに重ねてしまう塗り方をして
翌日でもベタベタしてます。
  ↓
貫板に防腐防虫塗料塗付1回目

貫板に防腐防虫塗料塗付2回目

貫板に防腐防虫塗料塗付3回目

ついでに書くと,「タフモック」「エコランバー」という名称で
プラスチック製の腐らない貫板が存在します。
ただ,厚さが18mmなので,部分交換の場合は
既存の貫板(15mm)と厚さが合わないため
私は使ったことがありません。
(もし厚さが合うものがあったとしても,
いずれ葺き替えのときに全交換するので
部分補修では必要ないかな,と思います。)

さらにもうひとつ,ついでに書いておくと,
10年以上前の私がそうだったように,
出てきている釘を打ちこむくらいで,それ以上のことはしない
という塗装業者・職人が圧倒的に多数派だと思います。
そもそも,普通は見積書にこんなことの記載は無いですから,
やらなくても「手抜き」にはなりませんし。

業者の立場としては,
下請なら めちゃめちゃ叩かれるのが当たり前,
元請でも 世知辛い価格競争に曝されるのが普通なので,
他社がやらないことをやる結果として利益が減ったり
その分価格を上げて成約率が落ちたりすることは
好ましいことではなく,避けて通るのが当然でしょう。

ですから,塗り替え工事を依頼する施主の立場の方には,
どの程度のことまで気にして工事する業者なのか,
見極めるのは無理でも 感触を掴んでから発注する必要がある
と思うのであります。

---------------------------------------------------

書き始めたら ついつい長くなってしまいましたが
最後に「時事ネタ」です。

そう,動画の終わりの方に出てくる「空調服」です。
3月に加入した相方があまりにも汗かきなので
半額経費で出すから「空調服」買ってみれば?と提案。
相方が調べ倒して購入したのがこれです。
  ↓
空調服(ポリエステル)

空調服のファン

試着させてもらったところ,これが想像以上にイイ。

暑いんだから熱風が通るだけじゃないかと思っていたら
そうじゃなく,汗を乾燥させて気化熱を奪うわけです。
(よって,汗かかないと効果が薄い)

「マキタ」や「タジマツール」という大手からも
この類の製品が発売されていますが,
相方が買ったのは空調服の元祖?「アゼアス」のものです。

私が一番気になったのはバッテリーの重さと大きさなのですが,
マキタの14Vバッテリーと比べるとはるかに小ぶりで軽く
身に付けていても思ったほどは邪魔にならないです。
(逆にいうと,マキタのバッテリーの場合,
これ腰に付けるの?と想像しただけでゲンナリするので,
軽量小型の専用バッテリーを作らないと空調服の普及は難しいと思います)
  ↓
空調服のバッテリー(アゼアス製)の重量

マキタの14.4Vバッテリー

で,私も同じく「アゼアス」のものを買いました。
相方が買った服がポリエステル製であるのに対して,
私が買った服は不織布で,フード付きです。
汚れて捨てることになっても惜しくないように,と考えて
安い不織布のものを買ったわけですが,
質感が頼りなくて安っぽいので
次はポリか木綿の服を買うことにします。

ファンユニットは使いまわしで服だけ換えられるので
とりあえずお試しで買ってみるという人はこれでよいでしょう。
  ↓
空調服(不織布タイプ)



ファンは2つ,デスクトップPCに付いてるようなやつで
バッテリー本体で回転数を4段階選べます。
  ↓
空調服の内側

空調服のバッテリー

取説には,最強の【1】とその次の【2】だと
ファンの寿命が短くなるよ,ということが書いてありますが
推奨の【3】【4】だと物足りない。
ファンだけ購入可能だから,ぶっ壊れたら買い直せばいいや
ということにして,【2】で使ってます。

※【1】だと「ぶ〜〜〜〜〜〜ん」と,結構ウルサイ。

※まだファンが回らなくなるまでは使ったことはないですが
 【2】でもフル充電なら8時間もつ仕様らしいです。

スイッチ入れると腰のところから入れた外気が
服の中を通って手首と首元から抜けていき,
フード被るとフードの中まで風が通ります。
そして,服は昔のダウンジャケットみたいに膨らんで,
一回りデブになったような感覚。

なので,服が結構 足場に引っかかるようになって,
破れるとマズイので慎重に移動するようになり,
それはそれで安全で,メリットと言えなくもない。

あまりにも高温だと塗装品質に支障が生じる恐れがあるので
暑さのピーク時に屋根塗りなんかしませんが,
外壁面はだいたい足場のシートに覆われていて
耐え難いほど暑くは無いですから,
使うとしたら,やっぱり屋根でしょうね。
(そう考えると,塗装屋よりも逃げ場がない防水屋とか
屋根屋とかに向いている商品のような気もします。)

空調服があると,無い場合よりも快適に仕事ができます。
冷感スプレー併用でターボ掛けるとさらに。
  ↓
「シャツクール」と「どこでもアイスノン」」

個人的には,「シャツクール」に比べて やや強い感じがする
「どこでもアイスノン」がおすすめです。



すでにツクツク法師が鳴き始めて,夏の終わりが感じられますが,
関心のある方は残暑対策でどうぞ。
この記事に拍手する     

2016年08月04日

雨樋(軒樋)の伸縮と割れについて

元はといえば
HP更新の代わりに本ブログを開設したのですが,
多少は実があると思える記事を一つ書こうとすると
(私の場合は)数時間はかかるので,
やはりポンポン更新できるわけもなく,
放置に近い状態となってしまっています。

で,そのブログ更新の代わりに?新しい試みとして,
「YouTube」にて5月末から先週までで
合計7本の動画を公開しました。

個人的にはきちんと編集されていない
「たれ流し」のような動画は好きじゃないのですが
曽根塗装店では今こんなことをしてますよ,
という「営業中」のアピールにはなる,と思うので
「ビデオ日記」的なアップもアリかな,と。

---------------------------------------------------

「YouTube」では動画をアップロードするときに
「公開」か「限定公開」か,選べるようになっていて
「限定公開」として設定すると,
URLを知っている人だけが見られる状態となり
動画一覧のページには表示されませんし,
検索しても出てこないようになります。

当店では現在までに公開している動画は28本ですが,
実は,施主様専用非公開工事記録のための動画を含めると
395本の動画があります。

つまり,
今までは9割以上の動画を「限定公開」にしていたわけですが
これからは,同じようなものばかりでマンネリ化しない程度に
ビデオ日記的に公開していきたいと考えております。

---------------------------------------------------

本年7本目の,最新作はこれです。
「雨樋(軒樋)の伸縮と割れについて【曽根塗装店】」



今回の動画は字幕で説明を入れたので
特にここで書き足すことは無いですけど
雨樋のプロではない塗装屋から見ても
思慮不足な施工の結果として不具合を生じている
ということがよくあります。

今回のお宅の場合,
全取り替えするにはちょっともったいないので
部材を調達して私が修繕することになりました。

---------------------------------------------------

1週間以内に次の1本を公開する予定です。




 ※ チャンネル登録 すると新作ビデオ公開と同時に
   YouTubeのシステムから お知らせメールが届きます

この記事に拍手する     

2016年01月19日

外壁磁器タイルを真っ白に塗装

震災の前年2011年に初めて当店に来た寺沢君と
冬季限定で一緒に仕事をするようになってもう5年過ぎました。
そしてその後,S班(曽根班)とT班(寺沢班)に分かれて
二つの現場を同時にすすめるようになって2年目に突入。

新体制です。

私的には昨年から見積書の作成数が3倍以上になり,
時間的な余裕がさらに無くなっております。 ((φ(..;)

よって,見積や打ち合わせでお伺いした先で
「ぜんぜん更新しないので身体壊したのかと思いました」
と言われることが何度かありました。(すこぶる元気ですが)

と,斯様に,あまりにもブログやHPを放置しておくと
入院中?とか,潰れた?とか,良からぬ憶測を呼びかねないので
職長(寺沢君)と相談の結果,
順次T班の現場リポートをブログに載せていくことにして,
今回はその第一弾であります。(2014年12月完工のお宅です)

・・・・・・・ここまで[曽根塗装店 店主 曽根匡史 記]・・・・・・・

---------------------------------------------------

初めまして曽根塗装店の寺沢です。

寺沢?そんな社員曽根塗装店にいたかな〜?
と思われた方も多いのではないかと思います。
結構前から曽根塗装店で仕事をしているのですが、
あまり表に出たがらない性格から
曽根さんにお願いしてあえて存在を伏せてもらっており、
秘密メンバーでした((笑))

私の詳細は曽根塗装店HP内で自己紹介させていただいておりますので
お時間の許す方は(とても長い内容となっておりますが)
是非ご一読願いたいと思います。↓

塗装職人斯く語りき「寺沢信哉のページ」

2014年後期も例年の通り11月から
曽根塗装店で働かせていただいております。
後期の仕事初めは西東京市のお客様です。

F邸 施工前

外壁にアクセントとして使用されている煉瓦風磁器タイル約30m2
(※外壁面積の約1/5)をお客様がご自身で足場に登り
真っ白に塗装するDIY工事、並行してそのほかの外壁や塗装部位は
曽根塗装店が施工する形となりました。
  
私の現場経験上でも磁器タイルの塗装は
マンション等の大型集合住宅などで
磁器タイルおよび目地モルタル保護と汚れ付着防止の目的から
クリヤー塗装を施工する経験はあったのですが
色をつけて塗装するのは今回が初めての経験となりました。
  
通常の外壁塗装とは違い、磁器タイルへの塗装には
いろいろなハードルがあります。

まず一般に使われる建築塗料が密着しないという大きな問題がありました。
塗料メーカーに問い合わせそのような条件を満たすプライマーを探し
屋根瓦を塗装する際に使用するプライマーが
磁器タイルにも接着することがわかりました
屋根瓦を塗装する事例があることにも驚いたのですが
このようにしてなんとかプライマーの確保はできました。
  
次にタイル目地に使われている目地モルタルの
巣穴やジャンカ(小さな穴、凹凸)等が
白色一色で塗装した場合目立ってしまうのではないか?という懸念
またはそういう不均等さが「味」になるのか?難しい判断でした。

結論として、目地モルタルの保護とそのあとに塗装する
中・上塗りの作業性向上も期待できることから
通常の微弾性フィラーよりも密着性に優れている
エポキシ樹脂微弾性フィラーを塗装することとなりました。

粘度の低い屋根瓦用プライマーとは異なり非常に粘度の高いフィラーを
平刷毛でタイルの凹部目地内すべてに塗装するのは
とても根気のいる作業です。
そのあとに仕上げ用3分艶白色シリコン塗料を中・上塗りと2回塗り
プライマーから合計で4回の塗装でした。

施主様が外壁塗装未経験にもかかわらず足場に登り
そのような大変な作業をやり遂げた集中力、根気、目的達成力には
ただただ頭が下がります、本当にお疲れ様でした!!

---------------------------------------------------

 当方工事の特に留意をした点は、
現状の外壁塗装に石目調吹付塗装が施工されていたことでした。

磁器タイルほどではありませんが、この石目調吹付塗装も
一般的に塗替えで使用されているシーラーでは密着しません。
ましてシーラーよりも密着性に劣る微弾性フィラーなどでは
密着せずめくれて剥がれる塗装欠陥が発生しますから
こちらも一般外壁用ではないシーラーを使用し剥離予防対策を行いました。

石目調仕上げは石のよう?に見せるため表面はザラザラしていて
塗装仕上げの中でも非常に意匠性の高い仕上げでなのですが
汚れが凹凸に溜まり、そこに藻が付きやすくなります。

石目の無数にある凹みの奥をよ〜く見ると
緑色の藻がしっかりくっついていて
高圧洗浄では通常の1,5倍位の時間をかけ念入りに藻を落としました。

F邸 外壁高圧洗浄中

朝から洗浄を初めたのに・・今日終わらないかも・・・汗
などと不安になりながらも暗くなりかけた夕方になんとか終了しました。
せっかくの専用シーラーも藻の上に塗ったのでは台無しですから。
  
磁器タイルを含め外壁をすべて真白で仕上げる今回の色彩プランで
いったいどのような仕上りになるものか想像がつかなかったのですが
足場を外してみると艶を落とした白一色に統一された中で
サッシやバルコニー手すりの黒色が映える素晴らしい配色でした。
(マウスポインタを乗せると施工前の写真に変わります)

F邸 外壁塗装施工前後

お客様がデザインに携わる仕事をされている方で
レベルの高い配色センスを勉強させていただくことが出来
今後の色彩提案にぜひ活用させていただきます。

この度は曽根塗装店に工事ご依頼いただき誠にありがとうございました。

[曽根塗装店 職長 寺沢信哉 記]

この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市