2009年04月22日

既製品和風庇の取付

13日(月)は,「施主参加外壁塗装」のお家の工事をお休みして
八王子へ行ってきました。

紆余曲折あって,和風の庇を交換することになり,
その取付と,ついでに追加で塗装することになった
鉄扉と灯油タンクの施工のためです。

既製品の庇は,スチール製やアルミ製のものなら見たことがあり
知っていましたが,まさか和風の木製品があるとは知りませんでした。

浜松の「ユニエース」という会社が作っており,
それを施主様が検索で発見して発注,施主支給。
庇廻りのモルタル補修をお願いしているタイル屋さん1名と
曽根塗装店2名が解体と取付を行うことになりました。

既存の庇は,以前の改修工事の際の職人が乗っかって
曲がってしまっています。
 ↓
既存濡れ縁庇

解体撤去はタイル屋さんと職人1名で難なく終了。
 ↓
既存濡れ縁庇撤去後

私は何をしてたかというと裏手にあるボイラー室の鉄扉をいじってました。
観音開きの2枚のうち1枚を外したところです。
 ↓
ボイラー室鉄扉

開けるときに左右の扉の上の方がガリッと当たるので,
扉を外して蝶番をぶっ叩いて修正しようと思ったわけです。
 ↓
ボイラー室鉄扉アップ

 
右側の扉を外して蝶番を叩いて復旧してみると
だいぶ改善されたもののまだちょっと当たる。
また鉄扉を外すのはタイヘンだし,あとちょっとなので
このまま叩いてみようと試したところ,
なんと,状況が悪化してしまいました。
 
なんでだろ?とよ〜く見ると,扉の鉄板が曲がってしまったのでした。
 ↓
鉄扉蝶番部分

やはり,横着してはイケマセンね。

この扉は手前が狭くて40度くらいしか開かないため
普通のドライバーは使えません。
 ↓
L型ドライバー

この3本を使い,結局,両方の扉を外して
曲がった鉄板と蝶番を叩き,復旧。
当たりは解決しました。
 ↓
L型ドライバー3種類

って,そんなことをしているうちに(ケレンがまったくできないまま)
昼になってしまいました (汗)

昼食後,午後1時ちょうどに
浜松から庇を積んだトラックが到着。
 ↓
ユニエース和風庇到着

新品の銅板はびかびかです。
 ↓
銅板張りです

配送に来た方に手伝っていただき,4人がかりで設置開始。
モルタルのはつりがちょっと足らなかったり,
実は下地が歪んでいて寸法が微妙に合わなかったりして,
約50kgの品物を上げ下ろしすること2回。
3回目で無事収りました。
30本くらいのビスで躯体に固定して取付完了。
 ↓
取付済み,庇上部
 
取付済み,庇下部
 
ユニエース和風庇取付終了の状態

灯油タンクは相方がサンドペーパーケレンして
錆止塗料塗り。
 ↓
灯油タンク下塗終了


鉄扉も『世間並み仕様』でよいということになってましたが
私がどうしても個人的に既存塗膜を総剥離したかったので
初めはランダムアクションサンダーでトライ。
しかし,いまいち効率が悪い。
試しに土牛産業の超硬スクレーパーでやってみると
そのほうが早いことがわかり,表側は全部剥がして錆止塗料塗り。
(裏側は工場出荷状態のままだったのでサンドペーパーケレン)
 ↓
ボイラー室鉄扉下塗終了

細かく写真を撮る余裕もなく8時頃までかかって終了しました。

このお家には,庇廻りのモルタルが十分に乾いてから,
あと2〜3回行きます。


この記事に拍手する     

2009年04月21日

【20】外壁下地調整,軒裏塗装

今21日(火)20時です。
現実の日付からかなりズレちゃってますが
巻き返すべく,頑張ります。
 
で,15日(水)。

午前中からぱーっと晴れてきましたが,
前夜の雨で,朝はまだびしょびしょ。
で,午後から単身参上。
 
サイディングの上下の継目の隙間を埋める作業から開始。
 ↓
サイディングの上下の継目の隙間
 
--------------------------------------------------------
 
つい最近,この件↑で知り合いの同業者から電話がかかってきました。

工事が終わって足場外しちゃった後で施主さんから
「ここは埋めるのが当然ではないか」的な指摘を受けた,という話。
でも,いつも埋めない業者にとっては埋めないのが当然。

拍手ボタンからの「ひとことコメント」で,同業者の方から
「ウチでも埋めてます」という反応を複数いただいておりますが
たぶん,埋めない業者の方が多いのではないかと思います。

正確に測ったことはないですが,
この隙間,合計200メートルでは済まない場合もあって
埋めるならばその分の労力がかかり,
埋めない場合と同じ価格では実行不可です。

私の場合は,見積書で別枠にしています。
埋めなくても“実害”は無いので見た目の問題,
不要と判断されれば その項目は削ります。
 
--------------------------------------------------------
 
2階部分の隙間埋めを終えてから,軒裏塗装の上塗1回目。
 ↓
軒裏の塗装上塗1回目

このお家の軒裏は新築時にサイディングのような板が張ってあり,
元々艶あり塗装なので,今回も艶あり仕上げ(3回塗り)です。
 
--------------------------------------------------------
 
それから,カラーベスト屋根塗装について,
誰だかわからない常連さん「G****」さんから
コメントいただきました。

> 屋根塗装の動画参考になります。
> 動画の方も屋根がグレーっぽいので、
> オトナになった(笑)
> マイルド浸透シーラー+RMプライマーですね

ハズレです (^o^)
 
あの下地の白っぽい塗料は大日本塗料の「釉元5号」です。
(ゆうげん,と読みます)
「主剤」と「硬化剤」と「パウダー」を「15:1:10」で混合して塗付する
水性3液?形の塗料で,可使時間(混合してから使える期限)は
20℃で2時間,30℃で1時間という難儀なネタです。
 
私が塗った日は30℃近かったので
1時間で使い切れる分ずつ3つを計量混合攪拌,
ハケ塗りしました。

「釉元5号」をカラーベストにハケ塗りしている動画はこれです。


この記事に拍手する     

2009年04月18日

【19】カラーベスト屋根塗装上塗

11日(土)。

上塗2回目=仕上げ塗りです。

棟包み板金上塗2回目を行っている様子。
1回目と同じ黒の塗り重ねなので写真では判別しにくいでしょうが,
矢印のところが境目で,よく見ると1回と2回とでは艶が違います。
 ↓
カラーベスト屋根板金部分塗装上塗2回目

同じく,唐草の仕上げ塗装。
 ↓
カラーベスト屋根の唐草塗装上塗2回目

カラーベストはもっと違いが出ます。
 ↓
カラーベスト屋根塗装上塗2回目塗装中

缶の写真を撮り忘れてしまいましたけれども,
塗料は「パワーシリコンマイルド2/水谷ペイント」,
弱溶剤2液形シリコン樹脂塗料です。

カタログ上の規定希釈率15.6〜26.1%のところ,12%にしました。
これまでに,20%とか15%で塗ったこともありますが,
カラーベスト塗装の場合には
それではどうも今ひとつの仕上りしか得られなかったためです。

昼少し前,相方がコンタクトレンズを落として不調に陥り,
危険なので,午後は車の中で休ませました。

2人で塗れば余裕で終わると思っていた屋根を
一人で淡々と塗り進め,完了。
 ↓
カラーベスト屋根塗装完了

これが施工前です。
 ↓
カラーベスト屋根施工前

帰ってから上塗塗料の使用量を計算してみると,
希釈剤を含まない量として上塗2回合計で25.5kg,
大屋根は90平米なので,1平米あたりの塗付量は280gでした。


この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログの一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧の中での
    曽根塗装店ブログのランキングに
    1票投じることになります。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ




     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市