2009年04月16日

【17】カラーベスト屋根塗装下塗

9日(木)。

前日同様,ロッキーさんのお家で相方を下ろして,
私は前日の柱のお宅の最終日。
サクサクッと「キシラデコールやすらぎ」2回目を塗って終了。
 ↓
キシラデコールやすらぎ2回目塗装完了

外したものを元に戻して片付けて引き上げてきました。
 ↓
防犯灯とケーブルの復旧
 
--------------------------------------------------------
 
相方は私が戻るまでの間に雪止め金物に下塗。
ほぼ無色透明の,非鉄金属などのための下塗塗料です。
 ↓
ニュー密着バインダーK/メグロ化学

次いで,カラーベスト塗装の下塗塗料を段取りして,
雪止めの金物の下と周りに塗付。
よく見ると,ちょっと濡れた色になってるところが塗付済みです。
 ↓
屋根雪止め金物の下と周りにシーラー先行塗付後

あとはベタ面をばんばん塗っていきます。
 ↓
カラーベスト屋根シーラー塗装状況

これが浸透性の下塗塗料「シーラー」を塗り終えた後です。
 ↓
カラーベスト屋根シーラー塗装後

このシーラーは米のとぎ汁のような液体で,
浸透させて固めるのが目的なので
色の元である「顔料」を含まず,色が付きません。
塗り終えると,ごくわずかに濡れ色になっていて,
カタログ的にはこれでOKです。

しかし,これで上塗りすると,経験上,
どうも仕上がりが今ひとつなので,
もう1回,下塗を行います。

でも,単にもう1回シーラーを塗るだけじゃなく,
2回目の下塗には混ぜ物をします。

右が「シーラー」,左が「プライマー」,
どっちもウレタン系なので,メーカーの方に
「混ぜても問題ないですか?」と問い合わせ,
技術のほうに確認していただいた結果OKが出ています。
 ↓
「マイルド浸透シーラー」と「RMプライマー」

もともとは「RMプライマー」がカラーベストの下塗で,
後から「マイルド浸透シーラー」が上市されたそうです。
それを私がMIXする目的は,
プライマーに含まれる顔料で目止め効果を得るためです。

実は,数年前,「マイルド浸透シーラー」2回の上,
「RMプライマー」1回,上塗2回,合計5回塗ったことがあり,
それはそれは素晴らしい仕上りでした。
その時の写真です。(乾燥した状態です)
 ↓
5回塗ったカラーベスト

が,しかし,見積3回塗りで5回塗って赤字になりました(爆)
なので,今回のこれはちょっとオトナになって,妥協策であります。

いずれも2液形の塗料ですから,
4液形の塗料を使用する感覚で計量配合して攪拌。
 ↓
スペシャルネタ攪拌中

がんがん塗りまくって,2回目の下塗が終わりました。
 ↓
カラーベスト屋根シーラー2回目塗装後


この記事に拍手する     

2009年04月15日

【16】2階部分下塗

8日(水)。

ロッキーさんのお家で相方を下ろして,私は前日の柱の現場へ。
 
木は濡らすと毛羽立つので400番のサンドペーパーでざっと研磨。
 ↓
400番のサンドペーパー

「キシラデコールやすらぎ」1回目を塗付。
 ↓
キシラデコール塗装1回目

これだけで引き上げのはずなんですが,実は,
前日,アクシデントが。
素手で作業していて脚立に触ったらビリッと感電?
びっくりして脚立が傾き,玄関脇の戸袋の鏡板に当たって
キズを付けてしまったのであります。とほほ。
 ↓
戸袋鏡板の傷

電源ケーブルなどをチェックしましたが異常はなく,原因不明。
集塵機のホース内を高速で移動する粉塵による静電気かも。
以後は軍手をして作業を続行し,キズを埋めて帰ったのでした。
 ↓
クイックメンダー充填

マスキングテープ1枚分の充填剤の出っ張りを,
群馬県の塗装店「今井塗装」の今井さんに教えてもらった
スウェーデン製のスクレーパー「BAHCO 625」で
カリカリ削って平らにします。
 ↓ 
BAHCOスクレーパー
 
平面調整後

色を合わせて塗り塗り。
補修屋ならNGでしょうが,このくらいが私の技量の限界です。
 ↓
補修塗り後アップ

離れて見ると。
 ↓
補修塗り後

施主様に「NGの場合は現場保険で板1枚交換します」と申し上げましたが
そのうち全取り替えするので補修でよい,とお許しをいただきました。
すみません。
 
--------------------------------------------------------
 
午後,ロッキーさんのお家に戻って
今回交換した幕板のビス頭の「クイックメンダー」を電動工具で研磨。
 ↓
ビス頭エポキシ充填剤サンダー研磨


そのあとは相方と一緒に2階部分の下塗を行いました。
鼻隠も軒裏もその中間にある回り縁?も外壁も,
そっくり同じ下塗塗料を塗ります。
 ↓
下塗塗装中

ここはベランダの内側です。
水切りも壁面と同じ下塗塗料を塗りますが
「目荒らし」してテープを貼って養生。
 ↓
ベランダ内水切り養生アップ
 
ベランダ内水切り養生

壁面を塗るとこんなふうにポタポタ垂れたり飛んだりしますから
養生しないと水切り上面がぶつぶつになってしまうわけです。
 ↓
養生テープの上の飛沫

壁を塗り終わったらテープを剥がして水切りを塗ります。
 ↓
水切り下塗塗装中

今回,5種類のローラーを比較使用する予定です。
サイズは同一で,毛足もすべて13ミリです。
 ↓
ローラー各種

本日比較したのは大豊刷毛ブラシ工業の「黄虎」と
大塚刷毛製造の最新作「ホワイトライオン」,
いずれも「マイクロファイバー繊維」のローラーです。
 ↓
虎 vs ライオン

にしても「虎」に対抗して「ライオン」とは,なんかエグイすね。
業界最大手が後発した「ライオン」のほうが安い,というのも,
「仁義なき戦い」な感じがしますが,「切磋琢磨」と言えなくもない。
 
私の結論としては,エンボスのあるサイディングなら「虎」の勝ち。
 ↓
サイディング下塗塗装中

しかし,軒裏のような平滑面では「ライオン」の勝ちです。
「WAKABA」よりもイイ。
 ↓
軒裏下塗塗装中

まあ,好みもあるので,同業者の方,お試しあれ。

2階部分の下塗は終了しました。
 ↓
2階部分下塗終了


この記事に拍手する     

2009年04月13日

【15】ケレン

7日(火)。

2階部分を塗装するための養生の残りと
大屋根の雪止め金物,鼻隠板,軒裏のケレン・目荒らしを
相方に任せて,私は朝から別の現場へ行きました。
 ↓
S邸全景

このお宅は2003年に当店で塗り替え工事を施工させていただき
翌年(?)屋根を延長してソーラーパネル付きの庇を増設,
それを支えるヒノキの柱が5本あります。
 
増設工事の際には建築業者さんのほうで木部用保護塗料
「キシラデコールやすらぎ」という無色に近い塗料が塗られました。
2006年2月に私が呼ばれて同じものを2回塗り重ねましたが
それから3年,こんな状態です。
 ↓
2番の柱の南面

太陽光・雨が当たる部分とそうでない天井面に近い部分とで
すっかり色が違ってしまいました。
 
あまり日は当たらないけど雨が当たる西向きの部分にはカビの類が。
 ↓
1番の柱の西面

これをキレイにして欲しいというのが今回のご依頼です。

表面を電動工具で研磨
→ それでも取り切れないカビ・日焼けを漂白
→ (翌日)自然の赤味が失われた場合は復元
→ (翌日)カビ止めの薬剤を塗付
→ (翌日)キシラデコール1回目塗付
→ (翌日)キシラデコール2回目塗付

と,柱5本で6〜7日かける覚悟で見積書提出して着工となりました。

で,とりあえず,試しにちょっと削ってみると
 ↓
柱の研磨部分アップ

おおっ!これだけで落ちるじゃん。

一見問題なさそうに見える上の方も削ってみるとこの通り。
 ↓
天井に近い部分の柱

全面を研磨することにして,午後4時までひたすら削り続けました。
 ↓
柱の研磨作業中

 
電動工具に接続した掃除機の中には
どんぶり2杯分ほどの「きな粉」状の粉が。
 ↓
掃除機の中

最後に薬剤を塗付して1日目は終了。
 ↓
防カビ薬品塗付

あとはキシラデコールを1日1回,2回塗りすれば完了です。
 
--------------------------------------------------------
 
このブログを斜めに読んでいるネジ系の同業者の中には
キシラデコールの中には防カビの薬品も入ってるから
薬剤塗付の必要は無いだろ,とツッコミたい人がいるでしょう。

んなことはわかってます。
この仕様はキシラデコールのメーカーの人と
薬品メーカーの人,両方にご意見を伺ってから決めました。
薬剤塗付が有効か否か,5年後にわかります。

多少有効であるにしても,日焼けは防げませんから
白木をキレイなまま保つためには
2〜3年周期でのメンテナンスが必須です。

向こう30年間のコストを考えたら,たぶん
溶融亜鉛メッキの鉄柱またはステンレスの柱にした方が
はるかに安上がりだと思います。

でもそのようなドライなだけの判断は,
未来のロボットが人類の絶滅を謀るのと似ている
と思いますが,いかがでしょう?(笑)


この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログの一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧の中での
    曽根塗装店ブログのランキングに
    1票投じることになります。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ




     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市