2009年04月05日

【12】下地補修,養生

3日(金),当店の社名入りシートを掛けさせていただきました。
旧シートでの宣伝効果がゼロだったので,気分的な意味合いが強く,
シンプルに,店名とHPURLのみ,電話番号はナシです。
 ↓
曽根塗装店の社名シート

私は「クイックメンダー」を持って,あちこちの補修をしました。

もともとヒビが入っていたのか,
高圧洗浄時に欠けて吹っ飛んだカラーベストの接着。
 ↓
欠けたカラーベストの接着

棟包板金の打ち替えた釘穴と新築時の失敗穴,穴埋め。
 ↓
屋根棟包み板金の失敗穴

サイディングのひび割れ(ここのほか数ヶ所),V字に掘ってから補修。
 ↓
サイディングのひび割れ

サイディングの欠損
 ↓
サイディングの欠損

それから,鼻隠板はよく見ると
釘からヒビが入っているところが多数あり,
釘穴の凹みとひびに沿ってちょっと欠損しているところの補修。
(この手の部材は,下穴無しで釘打つと割れやすいようです)
 ↓
窯業系鼻隠板のひび割れ

前日に「シープラ」塗ったベランダの笠木の付け根です。
シリコンのコーキングが切れてます。
 ↓
既存シリコンコーキング+「シープラ」

巾を広めに,包み込むように,変成シリコンで増し打ち。
 ↓
変成シリコン増し打ち後

相方はまだ残っていた錆止め塗り。
換気扇フードも塗る前にサンドペーパーでがしがしこすってあります。
 ↓
鋼製換気フード

オーニングテントの金具のベースプレートは
厚さが5ミリほどもある分厚い鉄板です。
ケレンしたら,塗膜がしっかり密着してないことがわかりました。
 ↓
超鋼工具でケレン

全部剥がしました。
ただ1回塗ってあっただけのようです。
 ↓
既存塗膜全剥離

で,錆止め塗り。
 ↓
錆止塗料塗付後

そのような作業の後,2名で養生に入りました。
 
「養生って何?」という方のために一応書いておきますと,
ビニールやテープで塗らない部分をカバーする作業です。
「マスキング」ともいいます。

相方は2階部分,私は玄関脇の養生を行いました。
 ↓
2階窓養生
 
玄関床面の養生だいたい終了

緑色のビニールは厚手のノンスリップタイプで
その上にさらに布シートを貼り付けてあります。

なんで二重にするのか?ロッキーさんからご質問がありました。
 
ただビニール貼っただけだと,厚手でもちょっと破れる場合がある。
わりと頻繁に歩いたり脚立を立てたりするわけですから。
また,塗料が垂れたときにビニールだと吸い込まず,
靴裏に付いた塗料が玄関内の床を汚す可能性がある。
でも,布シートだけだと,ぼたっと塗料が垂れた場合,
下のタイルまで通ってしまうかもしれない。
つや消しのタイルに2液形の塗料が付着したら掃除がタイヘン。
そういうわけで,二重です。


この記事に拍手する     

2009年04月03日

【11】コーキング,「シープラ」塗り

4月2日(木)。
 
コーキングは一通り終了と思っていましたが
検討の結果,鼻隠板の継目もコーキングすることにしました。
鼻隠板は木製ではなく,サイディングと同様に
セメントその他を練り固めてある既製品です。
 ↓
鼻隠板

これが継目のアップ。
 ↓
継目のアップ

赤い矢印で示したのが新築時の詰め物の名残で,
針のように細いです。
継目部分の塗装は高圧洗浄する前から少々剥がれており,
高圧洗浄でさらに剥がれました。

新築時には隙間を開けないように取り付けた
→ でもちょっと隙間が空いてしまった
→ その隙間にコーキングをなすり込んでから塗装
→ コーキングの充填量が少ないため切れてしまった
→ 入り込んだ水分の影響で塗装が剥がれた,
ということのようです。

隙間の幅が狭いので「クイックメンダー」で埋めるつもりでいましたが
硬いもので埋めたら割れて塗装が剥がれる原因になると思い至り,
コーキングの充填量を増やすためカッターでカリカリとV字に掘り広げ,
テープ養生して,プライマーを塗付,
 ↓
削り広げて打ち代を確保

コーキング充填,ヘラ押さえ,テープ除去,
で,出来上がりです。
 ↓
コーキング充填後

これを25ヶ所やるのに半日以上かかってしまいました(汗)

そもそも本来の施工では,既製品の破風板・鼻隠板・幕板の類は
突き付け張りではなく,8ミリ程度の隙間を開けて張り,
バックアップ材を装填してコーキングすべきではないかと思います。

今回,傷みすぎていた幕板を大工さんに交換していただきましたが
梱包の中にはステンレスの釘とバックアップ材がセットになってました。
下穴を開けてからステンレスのビスで止めていただくようお願いして
当方でコーキング&ビス頭「クイックメンダー」充填,
今,こうなってます。
 ↓
継目のまともな施工状態

私は以上の他,洗浄の際に気が付いた要コーキング部分と
屋根の上の板金部分接合部の増し打ちを行いました。
 ↓
棟包み板金接合部

既存がシリコンのシーリングですから打ち重ねるのもシリコンです。
(同様のところが4ヶ所)
 ↓
シリコンのコーキング

相方は何をしていたかというと,
はじめにシリコンのコーキングの処置です。

シリコンのコーキングは安くて丈夫ですが
塗料が密着しないので,塗装できるようにするための
特別な下塗塗料「シープラ/関西ペイント」を塗ります。
 ↓
「シープラ/関西ペイント」

出窓の上の縁
 ↓
出窓の上部

屋根関係板金の接合部
 ↓
下屋根の雨押さえ

ベランダの手摺壁笠木と外壁との境目
 ↓
ベランダの手摺

換気扇フードの外周部
 ↓
「シープラ」塗付後

電動シャッターの枠と外壁との境目
 ↓
電動シャッター枠

昔,犬がかじって,ロッキーさんがシリコンのコーキングで補修した柱
 ↓
玄関柱「シープラ」塗付後

朝一番で増し打ちした棟包板金接合部
 ↓
大屋根棟包み板金接合部

その他,あちこち。

「シープラ」塗りのあとは,前々回錆止めが塗り終わらずに
前回高圧洗浄してしまった(濡らしてしまった)トタン部分を
再度ざっとケレンしながら残りの錆止め塗り。

そんなこんなで,こういう記録が無かったら,たぶん,
「おまえら今日1日何してたんだ?」と思われるくらい
パッと見てぜんぜん変わり映えがしない1日でした。


この記事に拍手する     

2009年04月02日

【10】高圧洗浄2

4月1日(水),うまい具合に雨となり,2回目の高圧洗浄です。
大屋根は過日洗浄済みですので,今回は外壁面と下屋根。

このお家は駐車スペースを兼ねた通路の奥に建っており,
ほぼ4面をお隣のお家に囲まれています。
なので,大屋根洗浄の時と同様に,
下屋根の外周を防炎シートで囲って,カラーベストから先に洗浄。
 ↓
カラーベスト屋根の洗浄

洗浄の時には「フルフェイスのヘルメット」を被ります。(私だけ?)
特に,190kg/cm2+トルネードノズルでカラーベストを洗浄する場合,
「着色セメント層」が剥離して,びしびし跳ね返ってきますから
目を保護する何かが無いと,とても目を開けてられません
(跳ね返ってきたものが目に入るとゴロゴロしてすごく痛いです)
 
ゴーグルはあれこれ使いましたがどれもみなすぐ曇るので
「フルフェイスのヘルメット」に落ち着きました。
曇らないわけではないですが
シールドの内側に「シャンプー」を塗っておくとかなり効きます。
マニアックでしょ(笑)

で,この状態が
 ↓
施工前の下屋根

こうなりました。
 ↓
高圧洗浄後の下屋根

下屋根の高圧洗浄が終わったところで
圧力を170kg/cm2に落として外壁面を洗浄。
 ↓
外壁の高圧洗浄

朝から始めて4時過ぎに終了しました。
 
というように,大きめのお宅だと,
屋根と壁の洗浄が1日では終わりません。
曽根塗装店の場合は。


この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市