2009年04月03日

【11】コーキング,「シープラ」塗り

4月2日(木)。
 
コーキングは一通り終了と思っていましたが
検討の結果,鼻隠板の継目もコーキングすることにしました。
鼻隠板は木製ではなく,サイディングと同様に
セメントその他を練り固めてある既製品です。
 ↓
鼻隠板

これが継目のアップ。
 ↓
継目のアップ

赤い矢印で示したのが新築時の詰め物の名残で,
針のように細いです。
継目部分の塗装は高圧洗浄する前から少々剥がれており,
高圧洗浄でさらに剥がれました。

新築時には隙間を開けないように取り付けた
→ でもちょっと隙間が空いてしまった
→ その隙間にコーキングをなすり込んでから塗装
→ コーキングの充填量が少ないため切れてしまった
→ 入り込んだ水分の影響で塗装が剥がれた,
ということのようです。

隙間の幅が狭いので「クイックメンダー」で埋めるつもりでいましたが
硬いもので埋めたら割れて塗装が剥がれる原因になると思い至り,
コーキングの充填量を増やすためカッターでカリカリとV字に掘り広げ,
テープ養生して,プライマーを塗付,
 ↓
削り広げて打ち代を確保

コーキング充填,ヘラ押さえ,テープ除去,
で,出来上がりです。
 ↓
コーキング充填後

これを25ヶ所やるのに半日以上かかってしまいました(汗)

そもそも本来の施工では,既製品の破風板・鼻隠板・幕板の類は
突き付け張りではなく,8ミリ程度の隙間を開けて張り,
バックアップ材を装填してコーキングすべきではないかと思います。

今回,傷みすぎていた幕板を大工さんに交換していただきましたが
梱包の中にはステンレスの釘とバックアップ材がセットになってました。
下穴を開けてからステンレスのビスで止めていただくようお願いして
当方でコーキング&ビス頭「クイックメンダー」充填,
今,こうなってます。
 ↓
継目のまともな施工状態

私は以上の他,洗浄の際に気が付いた要コーキング部分と
屋根の上の板金部分接合部の増し打ちを行いました。
 ↓
棟包み板金接合部

既存がシリコンのシーリングですから打ち重ねるのもシリコンです。
(同様のところが4ヶ所)
 ↓
シリコンのコーキング

相方は何をしていたかというと,
はじめにシリコンのコーキングの処置です。

シリコンのコーキングは安くて丈夫ですが
塗料が密着しないので,塗装できるようにするための
特別な下塗塗料「シープラ/関西ペイント」を塗ります。
 ↓
「シープラ/関西ペイント」

出窓の上の縁
 ↓
出窓の上部

屋根関係板金の接合部
 ↓
下屋根の雨押さえ

ベランダの手摺壁笠木と外壁との境目
 ↓
ベランダの手摺

換気扇フードの外周部
 ↓
「シープラ」塗付後

電動シャッターの枠と外壁との境目
 ↓
電動シャッター枠

昔,犬がかじって,ロッキーさんがシリコンのコーキングで補修した柱
 ↓
玄関柱「シープラ」塗付後

朝一番で増し打ちした棟包板金接合部
 ↓
大屋根棟包み板金接合部

その他,あちこち。

「シープラ」塗りのあとは,前々回錆止めが塗り終わらずに
前回高圧洗浄してしまった(濡らしてしまった)トタン部分を
再度ざっとケレンしながら残りの錆止め塗り。

そんなこんなで,こういう記録が無かったら,たぶん,
「おまえら今日1日何してたんだ?」と思われるくらい
パッと見てぜんぜん変わり映えがしない1日でした。


この記事に拍手する     

2009年04月02日

【10】高圧洗浄2

4月1日(水),うまい具合に雨となり,2回目の高圧洗浄です。
大屋根は過日洗浄済みですので,今回は外壁面と下屋根。

このお家は駐車スペースを兼ねた通路の奥に建っており,
ほぼ4面をお隣のお家に囲まれています。
なので,大屋根洗浄の時と同様に,
下屋根の外周を防炎シートで囲って,カラーベストから先に洗浄。
 ↓
カラーベスト屋根の洗浄

洗浄の時には「フルフェイスのヘルメット」を被ります。(私だけ?)
特に,190kg/cm2+トルネードノズルでカラーベストを洗浄する場合,
「着色セメント層」が剥離して,びしびし跳ね返ってきますから
目を保護する何かが無いと,とても目を開けてられません
(跳ね返ってきたものが目に入るとゴロゴロしてすごく痛いです)
 
ゴーグルはあれこれ使いましたがどれもみなすぐ曇るので
「フルフェイスのヘルメット」に落ち着きました。
曇らないわけではないですが
シールドの内側に「シャンプー」を塗っておくとかなり効きます。
マニアックでしょ(笑)

で,この状態が
 ↓
施工前の下屋根

こうなりました。
 ↓
高圧洗浄後の下屋根

下屋根の高圧洗浄が終わったところで
圧力を170kg/cm2に落として外壁面を洗浄。
 ↓
外壁の高圧洗浄

朝から始めて4時過ぎに終了しました。
 
というように,大きめのお宅だと,
屋根と壁の洗浄が1日では終わりません。
曽根塗装店の場合は。


この記事に拍手する     

2009年04月01日

【09】トタン部分ケレン・錆止塗り

31日(火),屋根のトタン部分に着手。

棟包板金の釘があちこちちょこっと飛び出てるのを修正します。
 ↓
棟包板金から出っ張った釘

めくりやすい端っこの釘を抜いて内側の板の状態を確認すると
腐ってはいないようです。
 ↓
棟包板金内側の板の確認

ステンレスのビスも用意していましたが,
釘が緩くなっているところはハンマーで打ち込むか
位置を変えて打ち直すだけで,おさまりました。

築年数は13年,トタンは角のところから錆びてきています。
 ↓
カラーベスト屋根板金部分の錆び

錆と,劣化した塗膜の表面をサンドペーパーでこすって清掃。
傷を付けることによって上に塗る塗料の食い付きを良くするのも
この作業「ケレン」の目的です。
 ↓
カラーベスト屋根板金部分のケレ

接合部には塗料をはじく「シリコンのコーキング」が詰められています。
後日,増し打ちか打ち替えをしてから それ用の下塗を塗る前に,
白くなった表面を研磨材でこすって落としておきます。
 ↓
棟包板金接合部シリコンコーキング

横樋に隠れて下からは見えませんが,
外周部にも「唐草」とよばれるトタンの部分があります。
 ↓
カラーベスト屋根の唐草


ここも小さく折ったサンドペーパーでケレン。
 ↓
唐草のケレン

大屋根部分のケレンが終わったところで,錆止塗料を段取りしておきます。
この塗料は「主剤」と「硬化剤」を「9:1」で混合してから
30分放置後に使用せよ=「熟成時間30分」という指定があるのです。
 ↓
エポオールマイルド/大日本塗料

なお,なんで秤の目盛りが逆なのか,拍手ボタンのコメントから,
ご質問がありましたので,書いておきます。
答えは「一人で配合するときにその方が目盛りが見やすいから」で,
やってみればわかります。
カバーと針を外して文字盤を逆さに付け替えるだけなので簡単です。
(これは私が考案したテクではなく,同業者に教えてもらいました)

ついでに書くと,この秤はプラスチックのカバーが付いてました。
塗料が垂れてシンナーで拭くと溶けて曇ってしまうので
ビニールを二重に貼って保護して使っていましたが,
現在はガラスに改造してあります。
プラスチックのカバーの縁だけを残してカバー正面を切除,
その縁と丸いガラスをシーリングでくっ付ければOK。
汚してしまっても簡単に掃除できてキレイになります。

それから,これ。
「DIY外壁塗装」でも書きましたが2液形塗料の配合表の束です。
主剤,硬化剤,希釈剤の量と平米数がプリントしてあり
いちいち考えなくても済みます。
 ↓
2液形塗料の配合表

大屋根のトタン部分の次は出窓の上部をケレン。
 ↓
出窓上部

外周部には「シリコンのコーキング」が詰められています。
研磨材でこすって表面にこびりついた汚れを落としておきます。
 ↓
出窓上部の縁

次いで下屋根のトタンもケレン。
(このお家は3方,コの字に下屋根があります)
 ↓
下屋根トタン部分のケレン後

屋根絡みのトタン部分の総延長はおよそ170メートル,
釘打ちとケレンは2名で2時過ぎまでかかりました。

大屋根トタン部分の錆止塗りが終わった状態です。
 ↓
カラーベスト屋根板金部分錆止塗料塗付後

「シリコンのコーキング」のところはとりあえず除けてあります。
 ↓
棟包板金接合部のシリコンコーキング

大屋の唐草も塗り終えました。
 ↓
唐草錆止塗料塗付後

下屋根のトタン部分を塗り始めてまもなく,
ネタ切れ,時間切れで終業。
 ↓
下屋根

それから,2枚の塗り板にも,錆止塗料を塗付。
 ↓
塗り板

これ↑は現場で1種類塗料を使うごとに塗っていき,
最終的にこのように↓なります(直前のお宅の塗り板です)
 ↓
八王子の塗り板

そう,各部位ごとの工程がわかる塗り板なのであります。
2枚作成して,1枚は施主様にプレゼントします。
当店の事務所がバリッとしたオフィスなら,
完工写真と一緒に壁に展示しておくのですが,
狭くてそんなスペースはございません (^^;)
現在20枚くらい,棚の中にしまってあります。

横浜は今日も雨雲アラームが届いてひやひやしましたが,
1分くらいパラッと来ただけで,どうにか持ちこたえてくれました。

明日は高圧洗浄を行う予定で,逆に,降って欲しいです。


この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログの一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧の中での
    曽根塗装店ブログのランキングに
    1票投じることになります。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ




     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市