2009年02月12日

調色

また昼夜逆転してます。

見積書提出をお待たせしているお宅が3軒ある状況下で
ブログの更新に時間を使うのはどうかなあ,ということもあって
しばしご無沙汰しておりましたが,
このブログの開設時の目標である「最低月2回」を守るため
久々の投稿です。

今回は8日日曜日に行った「調色」について書きます。

この日,午前中は神奈川区のお宅に見積にお伺いしました。
帰ってから昼食後,作業着に着替えて,
倉庫で外壁塗装色のサンプルを作成しました。

過日「Vカット」を行ったお宅の外壁色の第一候補として
「19−60F」を作って塗ります。

現場でVカット部分に吹付け塗装して模様を復元するときに
見本にするベニヤ板にもリシンを吹付けしました。

 リシン吹付

その日の夕方,微弾性下塗材で下塗をして
2日間乾燥した状態がこれです。

下塗済みの塗り板


まずは,各色をテキトーに混ぜて,
「こんな感じかな」と思う色にして,トタン板にちょっと付けます。

調色1回目


塗料は乾燥すると液体の時よりも濃くなるので,ドライヤーで強制乾燥。

ドライヤーで強制乾燥


色見本と照合してみると,
赤が足りず,黒も少し足す必要があります。

調色1回目結果


赤と黒を足しましたが,白っぽいので,赤と黒と黄色を足す必要が。

調色2回目結果


まあまあ,近づいてきましたが,微妙に違います。

調色3回目結果


で,もう少し,棒の先に付けてちょっと垂らす程度に原色を追加します。

調色4回目,攪拌前


まだ微妙に白っぽい感じですが,この程度ならまあ誤差の範囲として,
4回目のトライでクリアとします。

 調色4回目結果

部分補修ではなく,自動車の塗装と違ってあまりシビアじゃないのですが,
以上のような作業を「調色」(ちょうしょく)といいます。

この塗料は2液形なので,規定量の硬化剤と溶剤を加えて攪拌し,
ベニヤ板に塗付。

外壁色見本板塗装



色は無数にあります。

 

比較的大量に売れる普及品クラスの塗料の場合は
メーカーが「標準色」「常備色」として設定している色があります。
注文すれば遅くとも翌々日には納品されます。
しかし,このお家で採用する塗料は,原色以外は特注・受注生産です。
大至急でお願いしても納品は3日後になるのが普通です。

特注は日本塗料工業会の色見本帳からの選択になりますが
小さな見本ではわからないので,
このように実物の見本板を作成して施主さんに見ていただくわけです。

1発で決まることもありますが,何度も見本を作成したり,
現場で施主さん立ち会いの下で調色することもあります。
さらにはカラーシミュレーションを行う場合も。

色見本の番号で決まった場合は,番号指定でメーカーに作ってもらいます。
現場調色で決まった場合は,該当番号がありませんから,
その見本板をメーカーに渡して同じ色の塗料を作ってもらいます。

既存の色に合わせなければならないときや
少量しか要らないときはペンキ屋が原色を混合して作るので
建築塗装技能士の実技試験にも調色が含まれています。

試験会場では受験者の作った塗り板が受験番号順に並べられ,
ウマイ・ヘタが一目瞭然となります。
私が受験したときは,どう見ても半分以上が明らかにNGでしたが,
合格率は7割だったそうです。

まあ,資格なんてなんでもそんなもんなので,
よく「一級塗装技能士の店」という宣伝の仕方を見かけますが,
とてもウリにはならないと思うわけです,個人的には。

そもそも,資格があることと善い仕事をすることとは全然関係ありません。


 

てなことを書いてみましたが,こんなん面白いか?と思います。

今のところ,毎日20人くらいがこのブログに来てくれているようですが
半分以上は知り合いじゃないかと思ってます。

知り合いじゃないけど面白かったぞ,という方,
拍手ボタンを押しといてください(笑)→→→→→→→→→→→→↓


この記事に拍手する     

2009年01月28日

「YouTube」デビュー

5年使用したPCが不調のため,年末に奮発して更新。
スペックが上がって 640×480 の動画が編集できるようになりました。

ところが,編集ソフトのバグなのか,操作が悪いためか,
スコア 5.9 なのに落ちるんです orz

で,自動保存設定「2分」で対処?して軽く編集,
現在施工中のお家で撮影した動画を投稿しました↓




※ここをクリックすると全画面表示可能な「YouTube」ページへ

現在HPのトップページに入れてある工事動画のように
筋立てを考えて解説の字幕を入れると編集にものすごく時間喰うので
今後は今回のように,小ネタをちびちび投稿していきたいと考えてます。

それにしても「YouTube」はとてもよくできていて,
これが無料サービスという太っ腹に感心します。
上限10分が緩和されるともっといいんですが。

また,投稿して2日間で「再生回数 117 回」になってて,
反響の大きさに驚きました。
このブログは1日20カウントくらいですから (^^;)


付記:
5年も頑張ってくれた旧マシンはHDDを換装されて
岡山県倉敷市の塗装店で余生を送っています。


この記事に拍手する     

2009年01月24日

雨休みで見積書作成

2日間,雨で休工でした。
そういう場合,普段睡眠不足なので昼間に寝てしまい,
昼夜逆転してしまいます。

で,今,昨夜に引き続き,見積書を作ってます。
というか,正確にはさっきまで作ってました。


見積書作成中


図面と写真から面積や長さを算出,ここまでが2〜3時間。
次に,どこにどういう処置をして何を何回塗るか,
それぞれの部位にケースバイケースの仕様を決めて
明細書のセルを作成し,金額を入力していきます。

ここはこれやっといた方がいいよな,とか,
この場合これを使いたい,とか,思った通りに,
あまり深く考えずにぽんぽん入れていきます。

それで総額を見ると......あれ,こんなんなっちゃうのか
と思うわけです,だいたい,いつも。

そこからまたあれこれ想像して,
ここはこのくらいで大丈夫かもしれない,とか
やっぱりこれくらいは必要だろう,とか
こんどは深〜く考えます。

そんなことをやってると行き詰まる。(息詰まる)

行き詰まったら頭を冷やすためしばし放置します。
数十分のこともあれば数日のこともあります。

それからまた気を取り直して作りかけの書類と向き合って
煮詰めて煮詰めて第1案がようやく固まります。

次いで第1案をコピーして内容をグレードダウンした第2案,
そこからさらにダウンした第3案くらいまで作成。

どうしてもやらなければならないとしたら
第8案くらいまで作成・実行可能ですけど
だいたい第3案くらいまでが自分の許容範囲なので
見積書そのものの作成はそこまで。

あとは見る人にそれぞれの内容の違いを
わかってもらわなければなりません。

数年前までは20ページくらいの説明書を付けてました。
が,もうやめました。

そんな物が無くてもわかる人にはわかる。
わからない人にはわからない。
わかっても予算的にNGの人には無意味。
そういうことが経験的にわかったからです。

今は,最低限の簡単な説明だけざっと書いて,
ご質問があればどうぞ,で,おしまいです。

1坪当たりいくら,という見積書を出す知り合いもいて
それはそれで筋が通ってると思います。

ただ,それは業者側の理屈であって,私が施主なら却下です。

そんなわけで,私の見積書はなかなか完成しません。

また書類作成に戻ります。
(朝までに完成するかな?)


この記事に拍手する     
<店主> at 02:38コメント(0) 
見積 
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市