2010年11月17日

板張りの家

本体の曽根塗装店HPは開設11年目に入りました。

ちょうど11年目の昨日 足場を外して完工となったお家は
HPからご依頼をいただいて2002年に施工させていただき,
8年8ヶ月後の今回で2回目のご依頼でした。

以下,初回お伺いした時からの写真をごらんください。

2002年1月撮影,当時築30年です。
(こちらは東南にあたります)
  ↓
施工前:2002年1月

時代的に考えて,当店が関わる直前の業者が使用した塗料は
「合成樹脂調合ペイント(SOP)」であろうと思われます。

このお家は南側のお隣に大きめのお家が わりと接近して建っていて
最も日射が強い時間帯はあまり日があたらないので
外壁の塗装にとっては長もちしやすい立地です。

しかし,塗装の剥がれが目立つだけでなく,所々板そのものが腐って
「麩菓子」のような状態になっているところがあったため,
補修工事を行い,あちこち合計で2坪分程度の板を張り替えてから
「弱溶剤2液形ウレタン樹脂塗料」を使用して塗装しました。
2002年2月撮影,仕上がりの写真です。
  ↓
施工後:2002年2月


その後,どうなっているか,3年後に見に行きました。
ごくわずかにツヤが落ちた程度で,全く問題ない状態でした。
2005年2月撮影です。
  ↓
施工3年後:2005年2月


さらに3年後(当店施工後6年目)また見に行きました。
まだツヤは残っていますが,明らかに色が褪せてきていました。
2008年2月撮影です。
  ↓
施工6年後:2008年2月


そして,今年の6月にご連絡をいただき,
再び外壁塗装を行うこととなりました。

当店施工後,8年と8ヶ月を経た状態です。
意外にも,6年目の状態とあまり変わらず,
剥がれることもなく頑張っていました。
2010年10月撮影です。
  ↓
施工8年8ヶ月後:2010年10月


足場を掛けて,相方と二人で丸2日間,
サンドペーパーでがしがしこすりまくりながらチェックした結果,
大工工事2人工+板金工事1人工の修繕工事を行い,
またしばらくはOKと思えるレベルに処置してから塗装しました。
一昨日,2010年11月16日撮影です。
  ↓
施工後:2010年11月


もう少し上を向いて撮ったのがこの写真です。
  ↓
施工後


足場を外す前に,印のところから撮ったのがこの写真です。
  ↓
足場から撮影

外壁の色は,前回の工事のときとほぼ同じ色で,
私のオヤジが「栗色」と言っていた,昔ながらの板下見の定番色です。
木枠は黒に少量の赤錆色を加えただけの(黄色を入れない)焦げ茶。
トタン部分の色は,古い10円玉をイメージして私が調色,
その色で雨樋も塗装しました。

同じ位置から,動画も。
(1280×720,いちおうHDでございます。
ぜひフルスクリーンでごらんください。)




今回は,「弱溶剤2液形ウレタン樹脂塗料」ではなく
「弱溶剤2液形シリコン樹脂塗料」を採用しました。
私の予想では,前回よりも色褪せが2〜3年遅くなるはずです。

---------------------------------------------------

さて,このお家が今回で2回目のご依頼であることは
すでに冒頭に記しましたが,
「HPからのご依頼で施工させていただいたお家」という点では
初の「リピート様」であり,たいへんうれしく思いました。

そして,次のお家も「リピート様」です。
塗替物語,近々開始いたします。

この記事に拍手する     

2010年09月28日

門扉の塗装

過去記事「鉄の塗装」のページのコメント欄

> めまいがするほど圧倒的な,あの重厚な門扉

と私が形容した門扉の塗り替えが今月上旬に終了。

施主様からご了承がいただけましたので,
「YouTube」に仕上がりの動画をアップしました。
  ↓


写真や動画で見るとなぜか実物より小さく見えるのですが
高さは 1.7メートル,横幅が 2.5メートル,それが2枚,
両端の柱と柱の間は5メートルあります。

電動で開閉して,車が出入りするための門で,
重量は1枚で2トンあるそうです。
(2トン=大きめの乗用車と同じくらいの重さです)

中央部の,微妙に屈曲しながら並んでいる部材の断面は,
角度によって向こう側が見える「ブラインド」のように

///////////////////////////

となっているのではなくて,

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

となっていて向こう側が見えないように出来ています。

しかも,1本1本異なるその部材で表現された “波”は
垂直方向だけでなく水平方向にも及んでいて,
外枠の“面”(ツラ)をはみ出してうねっているのです。

もし仮に,この門の模型を「紙」で作るとしても
驚異的に難易度が高いと思われます。
しかるに,鉄板の厚さは5ミリ,言うまでもなく,
とうていハサミで切れるような厚さではないのです。

関西の「ロートアイアン」の工房で作製されたとお聞きして
門扉 鉄」「wrought iron gate」といった検索を行ってみました。

が,しかし,出てくる写真は,「ロートアイアン」のイメージ通り,
捻った角棒,蔓草のようなカーブ,矢じりのような先端,
といったステレオタイプのバリエーションがほとんで,
この門扉と類似性の感じられるものは,
まったく見当たりませんでした。

今回作業しながら幾たびも舐めるように細部まで見ました。
見飽きることなく見れば見るほど魅了され,
「鋼鉄のペーパークラフト」とでもいうべき
恐るべき作り込みには ほんとうに惚れ惚れしました。

昨今『100年住宅』という宣伝文句を見かけることはあっても
現在の日本の住宅が ほんとうに50年以上残ることは
まず無いでしょう。
でも,私の個人的な希望として,この門だけでも,
この先100年200年と末永く残していって欲しいと願います。
  
鉄の門扉(Automatic Wrought Iron Gates)


この記事に拍手する     

2010年07月26日

「Paint」の動画

お久しぶりでございます。
更新しないとアクセス減りますねえ。

コメントくださった方々,
(公開はしませんが)ありがとうございました。

曽根塗装店の近況としては,
未提出の見積書が6通も溜まってしまいまして,かなり焦っております。

さて,先日,「YouTube」で塗装関係の動画を見ていたら
「Paint」つながりで たいへん面白い動画を見つけました。
とりあえずごらんください。

【Paint】1:11

日本では放映されていないですよね? 私は初めて見ました。
同じくSONY海外法人の以下の2つもかなり面白いです。

【Pyramids】1:01


【Balls】2:27

いずれも,こんな事を考えつくだけでなく
実際にやってしまうことにとても感心します。
この記事に拍手する     
<店主> at 01:48コメント(0) 
雑記 
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)          ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市