2009年04月

2009年04月27日

【26】軒裏・鼻隠板・外壁塗装 上塗

23日(木)。

2階部分の足場を撤去する日なので
朝一でそれが無くなると撮れなくなる施工後写真を撮影。

大屋根の仕上り状態はまずまず。
 ↓
カラーベストの仕上がり

 
足場業者「サンステップ」チームが到着。
10時までに2階部分の足場撤去が完了しました。
 ↓
2階部分足場撤去完了

 
並行して軒裏の塗装,上塗2回目。
 ↓
軒裏塗装上塗2回目
 
外壁サイディングと軒裏の中間にあるトタンと,軒裏との境目の隙間が,
ビミョーに気になり,玄関廻りだけは埋めました。
 ↓
気になる隙間

 
足場が無くなってしげしげと改めてよく見ると,
下屋根はあちこちにひび割れがあり,
どうも大半は新築時からのもののようです。
 ↓
カラーベストのひび割れ

 
カラーベストのひび割れ

雨水が下に抜けるほどのひびとは思えませんが,
理想的には部分交換・差し替えでしょう。
 
しかし,屋根材は下から上に重なって葺かれており,
モンダイの1枚だけを簡単に引き抜くことはできません。
重なって見えなくなるところにある4本の釘を抜かなければならないのです。

当然,普通の釘抜きは使えず,下の写真の,特殊な工具を使います。
数年前,雨漏りしていたお宅の工事の際に,部分張り替えのため,
板金業者が持ってきたもので,カラーベストの重ね目に差し込み,
隠れた釘を“ぶっちぎる”ように引き抜くための工具です。
 ↓
カラーベスト用の釘抜き(?)

 
この工具が使われる様子を見ていた私は,
現状で実害が生じていないなら,交換はやめた方がいいな,と思いました。
なぜなら,釘をぶっちぎるときに,どうしても防水シートが破けるからです。
なので,過去に雨漏りしたという話は伺っていない今回は
「クイックメンダー」で補修するだけにとどめました。

新築時ではなく,明らかに今回の工事中に割ってしまったところもあります。
 ↓
カラーベストの割れ

割れたところを除去してみると,釘の打ち方が悪くて,
釘の頭がちょっと飛び出ているのでした。
これじゃ,上に乗ったら割れてしまいます。(ままあることです)
 ↓
釘の頭がちょっと出てるのですよ

ハンマーと釘締めで頭を叩き込んだ後,
「タスペーサー」が入れられるように
“断面だけ” を「クイックメンダー」で接着しました。
 ↓
カラーベストの割れ補修後

補修完了。
 ↓
カラーベスト補修の様子

天窓(トップライト)の外周部の鋼板は鉄板でなくステンレスです。
が,ここだけ塗り残すのはナンなのでカラーベストと一緒に
塗装することになりました。
 ↓
トップライト

目荒らししてから,コーキング部分に「シープラ」塗り。
 ↓
シーリング部分「シープラ」塗り

私がそんな雑用をしている間に軒裏は塗り終わり,
相方と,助っ人の青井さんと,ロッキーさんは,
ばんばん外壁を塗り進めていきました。
 ↓
助っ人:青井雄一さん
 
外壁塗装中のロッキーさん
 
1階部分も,上塗2回を色違いで行いますから,
塗っているのは仕上げ色ではなく,別の色で,
実は2階の仕上げ色です。
 
--------------------------------------------------------
 
外壁の塗装ばかりでは面白くないでしょう,ということで,午後,
ロッキーさんには,鼻隠板の塗装にチャレンジしていただきました。
 ↓
ロッキーさん鼻隠板塗装中!

きっちり奥まで,広小舞まで塗っていただきました。
 ↓
鼻隠板の奥まできっちり塗ってます

「1,2,3,4,5。 5秒くらいが限界です。
それ以上ハケを上に向けていると,柄を伝わって塗料が流れてきます」
とかと説明しながら,まずは私が実演しました。
 
ロッキーさんは,「こりゃタイヘンだなぁ」と言いながら作業開始。
「ギブアップのときは呼んでくださいね,外壁塗装とチェンジしますから」
と,その場を離れ,約1時間後,様子を見に行くと,驚くべき結果があぁ!
 ↓
ロッキーさんの手とツボ

この写真 ↑ のどこが驚きなのか?
経験者ならおわかりになると思いますが,上手いんです,異様に。
ハケも軍手もツボもプロ並みに汚してない。
 
ハケを上に向けている秒数やハケに含ませる塗料の量や
ハケのしごき方をいくら説明して見せても,
それらを感覚的につかむまで結構時間がかかるのが普通です。

なので,素人さん向けなのか,ヘタクソな職人向けなのか
「ペンキたれないヤツ」などという商品が存在するくらいです。

並の初心者なら,10分でハケも軍手もベトベトにしてしまうところ,
ロッキーさんの腕前はお見事!としか言いようがなく,
助っ人の青井さんも「知り合いの1級塗装技能士より上手く塗ってる」
とホメてました(爆)

ここをクリックするとロッキーさんが塗り始めてから
2時間後のところまでの動画がごらんになれます。

ね,そこらへんのボウズよりスゴイでしょ?


この記事に拍手する     

2009年04月26日

【25】軒裏・外壁塗装 上塗

21日(火)は雨天休工。
22日(水)は前夜の雨が乾くのを待って午後から参上。

前回ケレンの上,下塗したスポットライトを養生。
 ↓
下塗済みスポットライトの養生

 
同じくケレンの上,下塗した出窓の上部も養生。
 ↓
下塗済み出窓上部の養生

 
軒裏塗装の上塗1回目を行いました。
 ↓
軒裏塗装 上塗1回目

 
並行して,外壁サイディングの上下のつなぎ目の隙間埋め。
使用しているのは内装用の「ボンドコーク」ではなく,
外装用の水性微弾性下塗材がチューブに入っている
「アレス スーパーホルダーG/関西ペイント」です。
 ↓
サイディング上下の継目 隙間充填1

 
減ったハケを軽く湿らせて均します。
 ↓
サイディング上下の継目 隙間充填2

 
--------------------------------------------------------
 
先日,この件 ↑ について拍手ボタンから
またコメントをいただきました。

> 自分は下請けの仕事だけなので、
> 埋めていたら絶対に合わない。
> 曽根さんの仕事を観ると
> 自分の仕事は恥ずかしくなる毎日です・・・
> 下請けから脱却したいなぁ。

あのですね,違うんですよ。

下請で,ほんとにギリギリの予算しかもらえない,
そういう現実があることは私も知ってます。

でも,ギリギリじゃなくても埋めない店は埋めません。
現に,「ここは埋めるのが当然ではないか」的な指摘を受けた
という電話をかけてきた知り合いは,元請の現場の話です。

また,下請工事で予算が厳しくても,
どうしても埋めたいタイプの人は埋めます。
ほんとに,それすらも出来ないほど超低予算なら
埋めたいタイプの人はそんな仕事は引き受けません。

つまり,あなたが今埋めないのは,
あなたが埋めないタイプだからではなくて,
埋めたいと本気で思っているのなら,
遅かれ早かれそこの下請からは脱却するでしょう。

ついでに,そこから先の話もちょっと書きます。

「自分が元請になれば解決する」

私も下請仕事が100%近かった頃はそう考えていました。
しかし,それはとんでもない誤解です。

部外者にとって,塗装工事は価格以外の違いがはっきりしません。
なので,材料費をかけ手間をかけて,工事原価が上がるとしても
その分,価格を上げると,受注率が歴然と低下します。
受注率の低下は多大なロスを生じて大きなダメージになるため
内容を向上してそれに見合う価格にするのはかなり困難です。
 
そこまでわかってくると,元請になりたがらない人も出てきます。
金額に合せた現場作業をするだけでもストレスを溜めない,
柔軟性?の高いタイプの人は下請の方が気楽なんでしょうね。

ちなみに,電話をかけてきた知り合いからまた電話がありました。
「あれってすごくタイヘンな作業?」
「約1人工+材料費数千円だよ」
結果,今後は事前に説明の上で埋める方向でいく,そうです。
 
--------------------------------------------------------
 
さて,現場の方は
少しだけ,外壁塗装の上塗1回目をして引き上げました。
 ↓
外壁塗装 上塗1回目
 
--------------------------------------------------------
 
今,26日(日)の朝5時半,この日↑と同じく,
外はびしょびしょですが晴れてます。


この記事に拍手する     

【24】ケレン,軒裏・外壁塗装 下塗

更新が遅れに遅れておりますが,
以下,20日(月)の作業です。

前日まででほぼ養生が完了,
次は「ケレン」「目荒らし」「清掃」であります。
 
鼻隠板と一緒に塗装する横樋の金物(ステンレス)は
ワイヤーブラシでがしがしこすってキズを付けます。
使用する下塗塗料はステンレスにも密着するはずですが,
細かいキズを付ける=表面が凹凸になる=塗料との接触面積が増える
=塗料の密着が向上する,というワケです。
 ↓
横樋吊り金具の目荒らし

 
鼻隠板はサンドペーパーでこすりました。
新築時現場塗装の際に付いたホコリの類やこびりついた汚れ,
それに,ローラーで塗装されたようで,部分的に発泡が生じていました。
(ケレン前の,どアップの写真を撮るつもりだったのを失念)
密着性向上のためというよりは,なるべくキレイに仕上げたいからです。

それから,外壁サイディングと軒裏との境目にある細いトタンを
サンドペーパー研磨。
めちゃめちゃ錆びているというわけではないですが,
トタンは塗装前には まず こするのがお約束です。
 ↓
廻縁?のケレン

電動シャッターのスチール製ボックスもケレン。
 ↓
シャッターボックスのケレン

通常のサンドペーパーでこすったあと,
馴染みの良い“ラーメン”状のサンドペーパーでこすりました。
 ↓
シャッターボックスのケレンのアップ

この“ラーメン”状のサンドペーパー,正式名称は「キレキレロール」。
好みの長さにカットして丸めて使ううちにモジャモジャになります。
 ↓
「キレキレロール/日本研紙」

もともとは,他社製の類似品を群馬県太田市の塗装店「今井塗装」の
今井さんから教えていただいて,使いはじめました。
 
それが無くなって,「あれ,またお願いします」と塗料店に注文したら,
塗料店が間違えて「キレキレロール/日本研紙」を納品。
伝票を見て,他社類似品よりはるかに高いのでびっくり。
幅10センチ,長さ15メートルで税別 7,150円!

メーカーと型番を指定しなかった私にも落ち度はあるので
しょうがねえなあ,と思いつつ,まあ,較べてみっか,
と使用してみたところ,他社類似品よりも断然持ちが良い。
「不幸中の幸い」というか,「瓢箪から駒」というか,
価格相応の品質に納得して,以来,これを指定して発注してます。

裏側を見ると,矢印がプリントされてるので,たぶん
ベルトサンダー用のペーパーの流用だと思います。
現状,最も粗い番手が120番で,
ヘタってきたら雨樋の目荒らしに使ったりしてちょうどいいのですが
私としては,80番を出して欲しいです。
日本研紙さんお願いします m(_ _)m


軒裏も「キレキレロール」でざっとこすってホコリを払います。
(当店では,フラットな軒裏は基本的に高圧洗浄せず,
その代わりにケレンします)
 ↓
軒裏のケレン

4つ付いているスポットライトもついでに塗ることにして
ワイヤーブラシやサンドペーパーで研磨。
 ↓
照明器具のケレン

前回,先に下塗りしておいた土台水切りにテープを1本張って養生。
 ↓
給湯器の養生
 
下塗済み土台水切りの養生
 
後はひたすら塗りまくりです。
 ↓
軒裏塗装 下塗中

外壁塗装 下塗中
 
ロッキーさんも参加しました (^_^)
 ↓
ロッキーさん塗装中!


この記事に拍手する     

2009年04月24日

【23】2階部分終了,1階部分養生

19日は日曜日で,原則として当店は現場はお休みなんですが
なるべく今月中に完工したいのと,そのためにわざわざ岡山から
来てもらっている青井さんが遊びになってしまうこともあって
ロッキーさんからOKをいただき出動しました。

2階部分の養生(マスキング)の撤去から作業開始。
 ↓
養生撤去中の様子

  
窓の養生を撤去したところ

他の塗料が付いてしまったり,塗り落としがあったところには
あとで手直しする目印としてぺたぺたと青いテープを貼ってゆきます。
 ↓
塗り落としの目印

2階部分の足場シートはもう要らないので取り外しました。
 ↓
2階の足場シート撤去後

手直し,および,ベランダ内の水切りの上塗2回目を行った後,
物干金物と竿を復旧。
 ↓
ベランダの物干金物の復旧

並行して1階の養生を進めました。
縦樋は目荒らししてからマスキング。
 ↓
縦樋の目荒らし
  
養生がほぼ終了

最後に,土台水切り部分のみ下塗塗料を塗付。
(翌日壁を塗り始める前に水切りを養生したいので)
 ↓
土台水切り部分の下塗を先行
 
--------------------------------------------------------
 
店に帰ってから,1階外壁の塗装に使用するローラーの細工。
 ↓
ローラーの細工,その一

2階のサイディングは毛丈12ミリの「黄虎」を使用しましたが
1階のサイディングは凹凸が深めなので18ミリの「黒虎」を使用します。

「マイクロファイバー」という極細の繊維を使用しているそうで,
含みと吐き出しがたいへん良好,しかも飛散が少ないです。
18ミリの無泡タイプは他に類が無く,とても気に入っていますが,
私的には,手を加えないと使えません。

これを書いている今(24日午前2時過ぎ)から遡ること7時間前,
「黄虎」「黒虎」の製造販売元である大豊刷毛ブラシ工業の社長さんが
当店にお見えになりましたので,そのお話をいたしました。

社内でも加工して出荷することを検討中とのことなので
社長さんの目の前で「黒虎」を私好みに細工して
それを持って行ってもらいました。

もちろん,ヤバイよヤバイよライオンキテるよ,という話も(笑)しましたが,
『泥酔シェフ』さんが勘ぐるような“癒着”はしてません,念の為。


この記事に拍手する     

2009年04月22日

【22】鼻隠板・雨樋・外壁塗装

青井さんが到着した翌日は雨でした(笑)
で,18日(土)から3名で現場へ。

“ラーメン”状のサンドペーパーで雨樋を目荒らし。
 ↓
雨樋の目荒らし
  
雨樋の目荒らし・清掃の前後

 
鼻隠板は,前回の上塗1回目の残りを済ませてから上塗2回目。
 ↓
鼻隠板・広小舞の上塗2回目

次いで,雨樋を塗装。
 ↓
雨樋塗装中

鼻隠板と雨樋が仕上がったところです。
 ↓
雨樋と鼻隠板の仕上がり

曽根塗装店では雨樋は1回しか塗りません。
塗らなくても錆びたり腐ったりするものではないですし,
塗ることによってその物自体を延命する効果も期待できず,
ただ見た目だけの問題ですから,1回塗っただけで十分だと思うのです。
 
これを2回も3回も塗るくらいなら交換した方が良いと思います。
(ただ,雨樋交換の価格はペンキ屋の感覚からするとかなり高いですが)
 
見た目は気にしないし,どうせ取り替えるものだから塗装しなくていい
という施主様の場合は,塗りません。
 
ついでに書くと,白い雨樋の場合,ガセネタの「低汚染塗料」だと
塗った後で,かえって汚くなるので塗らないほうがマシです。
当店でもガセネタに騙されてこりごりして,
その後の塗料の比較試験の結果,優秀な塗料がわかるまでは
白い雨樋は塗らなかった時期があります。
 
さらについでに書くと,
縦樋を汚さないように養生するのがメンドクサイので
縦樋を養生せずに外壁を塗装して,
外壁の塗料がべたべた付いた縦樋をそのまま目荒らし無しで
塗ってごまかして済ませる場合もあるようです(笑)
 
--------------------------------------------------------
 
縦樋は「つかみ」から外し,「つかみ」は取り外してありましたから,
それを釘打ちからステンレスのネジに変更して復旧。
 ↓
縦樋支持具復旧

このお家の外壁と軒裏の境目には,トタンが入っています。
トタン張りの建物ならわりと普通ですが,
サイディングの建物では非常に珍しく,初めて見ました。
もともと焦げ茶色だったのを鼻隠板と合せて黒で塗ります。
 ↓
廻り縁?の塗装

出窓の上部は外壁と一緒に下塗した後,
軒裏と外壁の塗料が垂れないよう養生しておきました。
それを剥がして上塗。
 ↓
出窓上部の養生撤去
 
出窓上部上塗

ベランダ内の水切りも同じく,
養生を剥がして上塗。
 ↓
ベランダ内水切り塗装上塗1回目

同時に前回の残り,外壁上塗2回目を進めて,
2階部分の外壁塗装は終了。
 ↓
外壁塗装の上塗2回目

残った時間で1階部分の養生に着手。
 ↓
1階床面の養生

土台水切りはサンドペーパーでこすってから養生してあります。
 ↓
ケレンした土台水切りとその下からの養生
 
--------------------------------------------------------
 
今,4月22日の10時,横浜は晴れてます。
昨夜0時頃まで降っていた雨で,朝はビショビショでしたが
だいぶ乾いてきたので,午後から現場に行く予定であります。


この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)         ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市