2009年09月

2009年09月30日

シーリング(コーキング)

新作ビデオです。



本編「サイディング外壁のコーキング」を作るのは
かな〜り時間がかかるので,番外編の小ネタからいきました。

--------------------------------------------------------

先日,お世話になっているシーリングメーカーの営業の方が
技術の方を連れて来られて,紹介していただきました。
後日,ペンキ屋としての疑問と要望をメール。

塗料の場合は,1液形よりも2液形の方が圧倒的に優れています。
ならば,シーリングもそうなのでしょうか?

でも,数年前,コーキング打ち替えを防水業者に依頼,
主剤と硬化剤と色粉を現場で混合する2成分形の
サイディング用変成シリコンを使用してもらいましたが,
その後の経過が1成分形より良い,とは思えませんでした。
(施工前の状態が特に悪かったので5年間毎年見に行きました)

そのへんが質問のメインです。

回答の結果,やはりシーリングも2成分形の方が良いならば,
2成分形へ切り替えようか,と考えていたのです。
(シーリングの場合は2成分形の材料の方が安上がりです)

しかし,『個人的な見解』としていただいた文中では

一概に1液2液どちらが高性能という議論はできない

とのことで,以下大雑把なまとめ

弾性復元性が高いのは2成分形であり,その意味では高性能

弾性復元性が良いシーリング材をサイディング目地に適用すると
界面剥離のリスクが高い
(戻ろうとする力が強いので剥がれたり裂けたりしやすい)

応力を受けてから次第に緩和されて内部応力が弱まっていく
応力緩和タイプの方が剥離リスクが低減される
(応力緩和と弾性復元性は矛盾する)

サイディング用シーリング材は応力緩和タイプが多い

2成分形は失活せずに残存する触媒(硬化剤に含まれる成分)により,
紫外線・熱・湿気・サイディングの動きといった複合状況下で
発泡現象が発生する場合がある

専門用語続出の回答を私なりに咀嚼した末,
『応力緩和タイプ』の1成分形という結論になりました。

--------------------------------------------------------

この回答をくださった方のメーカー「シャープ化学工業」では
最近,「変成シリコン」ではなく「アクリルシリコン」として
耐候性をアップした「ペイントセラNB」を上市しました。

「ペイントセラNB」は現状でもサイディングに使用可能ですが
私が思うには,塗り替えの場合は露出でなく塗膜で覆うので,
耐候性よりもモジュラスが低いことのほうが重要。
よって,現在は「ヘンセイシリコーンLM」を使用しています。

ところが,近々,「ペイントセラNB」をマイナーチェンジして
さらにLM化するかもしれないそうです。
もし「ヘンセイシリコーンLM」よりもLM化されたらシフトします。
(いつものテストピースお待ちしております)
この記事に拍手する     

2009年09月23日

鉄扉の塗装

今月上旬に完工した川崎市の花壇のお宅には
ガレージの左右に玄関と庭に至る2枚の鉄扉
=鉄製のドアがあります。
こちらは玄関側です。

玄関側の鉄扉


下の方と,ぶつけたところが少々錆びているほか,
前回の塗装がところどころ剥がれてきている状態です。

施工前の状態


剥がれたところを観察して我思うに,おそらく,
前業者はローラーで1回塗りしただけです。
全体的に元の色が透けてましたし。

早く安く済ませる(あるいは儲ける)ためには
それが一番の上策でしょう。

ちゃちゃっと軽く,2分くらい,
サンドペーパーでなくマジックロンでこすって,
「1液ファインウレタン」とかの,
SOPよりはツヤがよい安いネタを1発,
ローラーでコロコロしただけでも結構キレイにはなります。
屋内のどうでもいいドアならそれでもいいかもしれません。

でも,このドアは雨が降ると濡れるところにあるので
サンドペーパーでガシガシこすってから錆止を塗りたい。
上塗はやはり2液形の塗料を2回塗って艶々にしたい。
私はそういう見積書を作りました。

ところが,試しに,ぶつけて剥がれたところに,
ちょっと,「超硬スクレーパー」を当ててみると
頼りなくパリパリと剥がれてしまうのでした。

う〜ん。

「塗料」は塗ってから硬化・乾燥して「塗膜」になります。
言い換えると,「液体」から「固体」になる。
その過程で体積の減少に伴い収縮して,下地を引っ張る力が働く。

よって,理想を言えば,
素地と既存塗膜がしっかり密着しているとは言い難い場合,
一旦全部剥がして素地(鉄面)を露出させ,
リセットしてからきっちり再塗装したい。

私は3年ごとくらいに自分の塗った現場を見に行くので,
そのときにヘンな剥がれかたをしていたら気分が悪いし。

でもなあ,と,迷っていました。
(サンドペーパーと総剥離では全然手間が違いますから)

で,一服の時,相方に,ちっとコレでやってみ
と,超硬スクレーパーを渡すと,
「コレ全剥がしでつね」と,あっさり言うのでした。
(註:相方の口調は「長州小力」に似てます)

やっぱそうだよな,と妙に納得して,
暴走してしまうことに決めました。

ドア枠からケレン開始。

ドア鉄枠のケレン


ドア本体もガリガリいきます。

鉄扉の2種ケレン/玄関側


※ここをクリックすると鉄扉の2種ケレンの動画が見られます。
http://sone-tosouten.org/movies/d04v.wmv


こちらは庭に通じるドア,床面の間隔が狭く,指も入りません。

鉄扉の2種ケレン/庭側


しょうがないので,取り外しました。(すごく重い!)

取り外した庭側の鉄扉


ドアの底面を見ると,工場出荷状態のまま新築時から今まで23年間,
一度も塗られてなくて,錆びて穴が開いてました。

底面に開いた穴


このドアの底面だけ先に仕上げてしまうことにして,
2液形の錆止塗料を段取りして塗付。

「エポオールマイルド/大日本塗料」


翌日午前中,上塗1回目を塗付。
(午後にもう1回塗って仕上げ)

鉄扉底面の塗装


溶接のところにはパテ処理の痕跡がありましたけど
超硬スクレーパーで全部剥がしたあと,
さらにサンドペーパーでガシガシやった結果,
跡形もなく消失。
このまま仕上げたら「睨む」(目立つ)よなあ,
つうことで,パテかうことにしました。

鉄扉のパテ処理


通常は研ぎやすい「ポリパテ」を使うと思いますが,
「エポキシ」でもサンダー掛けちゃえばいいだろう,と軽く考えて
「クイックメンダー」を使用。

クイックメンダー・オン・ザ・クリーンペーパーボード


ドアの上面は鉄板を貼り合わせている部分に隙間があって,
内側で錆びてたので,がっつり「クイックメンダー」で埋めました。

鉄扉上面の隙間埋め


「クイックメンダー」は硬いくせに微妙に粘りがあって,
サンドペーパーでは研げませんから,翌々日,
ランダムアクションサンダーですりすり。

ランダムアクションサンダーでクイックメンダーを研磨


この状態を

クイックメンダー研磨前


このくらいに。

クイックメンダー研磨後


こんなに削っちゃうならもっと少なく付ければいいじゃん
と,思われるかもしれませんが,
「クイックメンダー」はポリパテとか内装用のパテと違って,
すごくねちょねちょしてるのでムリなんです。

底の部分だけ先に仕上げた,取り外した方のドアは復旧。

庭側の鉄扉復旧



もう片方の玄関側のドアも同様に素地調整してあります。

玄関側鉄扉素地調整終了


錆止塗料は弱溶剤(つっても専用シンナー)の2液エポキシ。
この日の段取りの様子を撮ったビデオが「2液形塗料の配合」です。

弱溶剤2液形変性エポキシ系錆止塗料


指定通り30分間「熟成」させてから,ハケ塗りします。

約8000円分の刷毛


平刷毛は「貴族」,目地刷毛は「水星」,
隅切は「祭」(「白銀」同等品?),以上はマルテー。
筋違だけは青井さんに教えてもらったマルヨシ「宇宙」。
(この4本で8000円くらいします)

玄関側のドア,錆止塗り終了の状況です。

鉄扉錆止塗り終了


こっちのドアは床面との間隔が5センチほどあって,
取り外さなかったので底の部分は鏡で確認しながら塗付。
(やはり過去一度も塗られていませんでした)

鉄扉の底は鏡で確認


しか〜し,「クイックメンダー」が硬すぎたのか,
サンダーのパッドがミディアムだったのがマズかったのか,
あるいはネタを乗せすぎたのか,
微妙に残っていた凹凸から流れてます orz

orz


翌日,ペーパーを320番にしてサンディング。

320番で研磨


この錆止塗料はセルフレベリング性が低いです。
垂れにくく作ってあって結構厚く塗れる代わりに,
ボテボテで刷毛目が出やすいわけです。(希釈5%だし)
サンダーで刷毛目全部削っちゃいたいところですが
歪んでいる素地が露出してしまうのでこのくらいで止め。

研磨後の状態


上塗は弱溶剤2液形シリコン樹脂塗料,希釈は4%,塗料名はヒミツです。

鉄扉上塗1回目


ドアの底もしつこく塗り塗り。

鉄扉の底,塗装中


翌日,もう1回塗って,やや乾いてきたところの写真です。

鉄扉塗装仕上がりの状態アップ


事務所とかマンションの鉄扉の場合,「刷毛目が汚い」という理由で
元請様から短毛ローラーで塗ることを指定されるのが普通だそうですが,
いくら短毛ローラーでも,こういう肌には仕上がりませんし,
だいたい,膜厚が付かない。

刷毛目は確かに出ますけど,私はこっちの方が断然好きなので,
曽根塗装店の場合,タイル調サイディングの2色塗り分け以外で
短毛ローラーを使うことは ほぼ絶無です。

鉄扉塗装仕上がりの状態


※ここをクリックすると ややフェティッシュな動画が見られます。
http://sone-tosouten.org/movies/d28v.wmv


これが施工前。

施工前の鉄扉


これが施工後。

塗り替え後の鉄扉


復旧の際にドアチェックを調整,固定位置を外側にずらしました。
なるべくぶつからないように。
この記事に拍手する     

2009年09月21日

2液形塗料の配合

「YouTube」に「2液形塗料の配合」をアップロードしました。
まずは,ご覧ください↓




当店では使用している塗料の多くが2液形です。
上級仕様の場合には,1軒丸ごと,
ほとんどが2液形ということもあります。

「主剤」と「硬化剤」を混合してから使えなくなるまでの時間
=「可使時間」「ポットライフ」が短くなる夏期は特に,
1日に何度もこの作業を行ないます。

今まで,この作業にどのくらい時間がかかってるか,
あまり意識していませんでしたが,
今回撮影してみると,およそ6分もかかっており,う〜ん。

2液形の塗料は計量・混合・撹拌に手間がかかるだけでなく,
ローラーで塗れば,それが1時間でも使い捨てになりますから
1液形の塗料を使用する場合に比べたらロスが多いです。

なので,私とて,できれば1液形で済ませたいわけですが,
2液形が市場から無くならないところをみても,
2液形の優位性は当分続くと思われます。

この動画は,先にアップされた今井塗装さんの動画を見て,
撮ってみたものです。
見比べると,やり方の違いがあって,面白いです (^^)

ちなみに,「ええっ? 秤,使ってるんですか !?」(゚Д゚;)
と塗料メーカーの方に驚かれたことがあります。
その人,秤を使うペンキ屋は見たことがないんだそうです。

秤を持ってない「1級塗装技能士の店」も知っていますので
そんなもんかもしれませんね。
この記事に拍手する     

2009年09月03日

左官工事(花壇の下地補修)

今日も降るんだか降らないんだかはっきりしない天気で,
かなり迷いましたが,休工としました。
久しく工事記録的な投稿をしていなかったので
溜まっている見積書作成に専念する前に更新をば。

(以下,長いです)

現在,神奈川県川崎市宮前区で施工中の,和風のお宅です。

神奈川県川崎市宮前区T邸全景

昨年9月,塀と花壇の塗り替えのご依頼をいただきました。
塀は掻き落とし左官仕上げ,
花壇はリシン吹き付け塗装仕上げです。

花壇/左

花壇は,「塗装が劣化してる」というレベルじゃなく,
モルタルがかなりキテます。

花壇施工前アップ

ちょっと補修して塗る程度では済まない感じなので
左官補修,できれば,内側に防水処置をした方が良いでしょう
というお話をして,今年7月中旬に左官工事先行で着工。


着工直前に打ち合わせにお伺いすると
内側の土が全撤去されていました。

花壇内側の土を全撤去

土の撤去は造園業者に依頼されたものと思っていたら,
なんと,施主さんがご自身で行なわれたそうで,
土嚢袋100枚分(!)だったそうです。

「土」って,引っ越しの時の荷物のように,
移動すると,こんなに?と思うくらい多いんです,不思議と。


この状態は,

花壇施工前のアップ

ブロック積みの上の,仕上げのモルタルが割れて
浮いているのだろうと思っていました。
が,土が全撤去されて内側を見ると,
(鉄筋を組んで型枠を作ってコンクリートを流し込み,
固まってから型枠を外す→)「鉄筋コンクリート」
であることが判明。

どちらにしてもモルタル層がダメなので撤去。
業界用語で「ハツる」といいます。

仕上げモルタル層はつり

鉄筋コンクリートは型枠の固定に鉄のボルトを使用します。
コンクリートが固まってから型枠を外しますが,
ボルトは貫通している状態で本体に残ります。
健全なコンクリートはアルカリ性なので
残っていても中で錆びることはないのですが,
鉄が露出したところはワイヤーブラシでこすって錆止塗料を塗付。

型枠ボルト錆止

花壇内側の床面はほとんどコンクリートで固めてあり,
ちょっとずつ下に水が浸透していたかもしれませんが
プール状に水が溜まるような作りになっていて,
植栽には良くないそうなので,水抜きのための穴を開けました。

花壇下部穴開け

表層のモルタルを剥がしてみると,あちこちにひび割れがありました。
ひび割れはコンクリートを貫通しています。

貫通したクラック

ひび割れから水が浸透して芯の鉄筋に達すると錆びてしまい,
鉄が錆びると膨張してコンクリートを割る力になるのでマズイです。
それに,仕上げの塗装は内側から水で押されるとものすごく弱く,
簡単に膨れたり剥がれたりしてしまいます。

完工後には,また土を入れることになるので,
水が浸透しないように,ウレタン防水を行ないました。

花壇ウレタン防水

ウレタン防水は全く水を通さず,乾いても弾力性があります。

花壇内側ウレタン防水

上の写真の赤枠のアップです。
補強のためネットを仕込んであります。

花壇内側ウレタン防水アップ

ウレタン防水まで完了した状態です。

花壇ウレタン防水まで終了


花壇内側ウレタン防水まで終了

ウレタン防水の上から
「カチオンフィラー」という密着の良い下地処理材を塗付。

カチオンフィラー塗付


カチオンフィラー塗付終了

巾木部分にプラスチック定規を取り付けます。

巾木部分プラスチック定規取付

モルタル下塗です。

モルタル下塗

上面には,木製の定規を仮止めして
モルタルを下塗します。

木製仮定規取付&モルタル下塗


そのあと,上面にもプラスチック定規を取り付けます。

上部プラスチック定規取付


正面には,割れないようにガラス繊維のメッシュを仕込みます。

ガラス繊維メッシュ埋め込み

これがガーゼ状のガラス繊維です。

ガラス繊維メッシュ

メッシュ埋め込みのアップ

ガラス繊維メッシュ埋め込みアップ

モルタル仕上げ塗りです。

花壇モルタル仕上げ


花壇上部モルタル仕上げ

巾木部分も仕上げ塗りをして終了。

巾木部分モルタル仕上げ完了

この状態が

花壇/右

こうなりました。

右側花壇左官工事終了

この状態が

花壇/左

こう。

左側花壇左官工事終了


施工前後だけ見ると,その間の工程,
ハツりとかウレタン防水とかガラスメッシュとか
そういうあれこれは,まったくわかりません。
部外者には,仕上がりから想像が付かないところに
えらい手間がかかっているわけですが,
ただ上っ面に薄くモルタルを塗っただけでも
同じように仕上がるでしょう。


左官工事がヘタクソな場合,
こういう角度から見ると,直線でないのですぐバレます。

左側花壇仕上がり

申し分ない仕上がりです。
ところがしかし,「笠木」が無いんです orz

左官担当者としては,「復旧」と考えていたので,
笠木を付けなかったわけですけど,
外側の垂直面のみリシンを吹き付け塗装する私としては,
汚れ低減,剥離防止のために笠木が欲しかったのです。
打ち合わせ不足でした m(_ _;)m
すぐに連絡して,笠木を付けてもらうことにしました。


まずは接着増強剤を塗付。

接着増強剤塗付


接着剤でプラスチック定規を取り付けます。

接着剤塗付

プラスチック定規取付終了



モルタル塗り。

花壇笠木モルタル仕上げ


笠木完成。

花壇笠木取付終了

--------------------------------------------------------

以上の左官工事は,分離発注で
「防水職人としての経験もあるタイル屋さん」に
お願いしました。

なんで「左官業者」に依頼しなかったのかというと
(いいかげんな左官屋なら何軒も知ってますが)
“ちゃんとやる”左官業者の知り合いがいないからです。

私が現場に行けなくても安心して任せられる他職種は
遺憾ながら滅多にいませんが,この方は希な例外です。
(今回の写真のほとんどは私でなく,この方が撮影したものです)

このタイル屋さんのHPは無いので,
神奈川,東京で“ちゃんとやる”左官業者
(&タイル業者)をお探しの方,
ご連絡いただければ ご紹介いたします。
この記事に拍手する     
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)         ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市