2010年12月

2010年12月03日

大阪に行ってきました

昨年,大豊刷毛ブラシ工業の社長さんから
「来年,今井さんと一緒に大阪に来ませんか?」というお話をいただき
このたび,それが実現しました。

生来 出不精なこともあって,大阪に行く機会など まずありませんから
ご招待に便乗して2泊3日で大阪に行ってきました。

28日(日)出発,群馬県の今井塗装の今井さんと新幹線の中で合流。
到着後,新大阪で待ち合わせた平下塗装の平下さんと8年ぶり?の再会。
しばし,お話ししてから,ホテルまで送ってもらい,
夕方,大豊刷毛ブラシ工業の社長さん&営業課長さんと食事会。

---------------------------------------------------

明けて29日(月),朝一番で大豊刷毛ブラシ工業の本社見学。
「本社」とはいっても,箱物(ビル)じゃなく,民家の集合体。
近隣を飲み込みながら拡大した歴史がそのまま集約したような風情です。

そして,貸倉庫にて今回の主目的である「撮影」が行われました。
  ↓
虎シリーズローラー撮影風景


大豊刷毛ブラシ工業の「虎シリーズ」のローラーは,
2年前に群馬県の「クチキテック」の朽木さんから教えてもらいました。
以来,曽根塗装店で外壁・屋根の塗装で使用するローラーは
ほとんどが「虎シリーズ」に変わってしまったほど気に入っています。

「虎シリーズ」のローラーは毛の長さによって,
5ミリの「白虎」,10ミリの「赤虎」,12ミリの「黄虎」,
13ミリの「銀虎」,18ミリの「黒虎」と5種類あります。

その「虎シリーズ」に共通するのは,
「マイクロファイバー」という繊維が使われていることで,
要するに毛が細い。

上がごく一般的な従来品のローラー,下が「黒虎」です。
  ↓
従来品と「黒虎」


従来品のローラーを定規と一緒にズームマクロで撮った写真がコレ。
  ↓
従来品マクロ


そして,「マイクロファイバー」がコレ。
  ↓
黒虎マクロ


含みがよい,吐き出しがスムーズ,
飛散が少ない,発泡しにくい,
凹凸面によく馴染む,

という特徴があります。

大豊刷毛ブラシ工業では,それを映像化して営業に役立てたい
という意向があり,今回の撮影となったわけです。

今井さんと私と担当者の営業課長 岩本さんは,
何を準備して どういうシチュエーションで撮影すれば良いか,
事前に何度か相談して,この日に臨みました。

プロのカメラマンによる撮影は夕方まで続き,
いくつかは予想通り上手く撮影されましたが,
狙い通りには撮れなかった課題もあり,
それはなぜか?と考えると,
やはり「フィーリング」の領域なんですよね。

従来のフツーのローラーでも塗れないことはない。
でも,「虎」だと心地良く塗れる。
使ってみれば,わかる人にはわかる違い。
そういうレベルの差異は映像化が不可能なわけで。

当店で最も多用するのは18ミリの中長毛「黒虎」で,
最近シマシマを無くしたバージョンも発売されました。
  ↓
2種類の「黒虎」

リシンやスタッコの塗替え,それにカラーベストの塗装では
私的には,「黒虎」以上のローラーは無いと思います。

好みの問題もありますが,実際に試してみたい方は,
「シマシマのない黒虎」の有償サンプルを請求してみましょう。
(大豊刷毛ブラシ工業 06-6792-0388)

なお,撮影された映像は年内にDVD化されるそうなので
とても楽しみにしています。

---------------------------------------------------

撮影後の打ち上げで「てっちり」をゴチになり,
ペンキ屋のくせにアルコールに強くない私は
それでもめちゃめちゃ旨いと思ったヒレ酒でふらふらになった翌日,
30日(火),メーカー2社へ見学。

---------------------------------------------------

1社目はシーリング材・接着剤メーカーのシャープ化学工業です。
この日に合わせ,東京営業所の三田さんがいらして同行,
埋め立て地の工業団地内にある本社工場へ。
  ↓
シャープ化学工業本社工場

初対面の社長 村上さん自ら,工場内を案内してくださいました。
練って作っているところと,容器に充填するところが離れており,
両方を見せていただいた後,技術部門へ。

これまでにも何度かお会いして,
当店の現場にいらしたこともある開発課長の永江さんと再会し,
お話しした後,各種試験機などを見せていただきました。
特に興味深かったのは,やはり屋上にある曝露試験場です。

シーリング(コーキング)と塗装は
現場では かなり密接な関連があるのですが
塗料メーカーは現実的でない「後打ち」を推奨し,
シーリングメーカーは「確認してください」と
両者ともに逃げ腰です,普通は。

なので,ブリード防止の下塗塗料がぜんぜん効かなかったり
大手メーカーのノンブリードシーリングが実際はブリードしたり
といった困った現実があります。

しかるに,シャープ化学工業の偉いところは
自社製品と各メーカーの各種塗料との相性を
きちんと真面目に実験しているという点です。
ペンキ屋としては安心して使えます。

サイディング住宅でのシーリング打ち替えでは当店標準品の
「ヘンセイシリコーンNB-LM」は約50色をラインナップしており,
後打ちだけでなく,先打ちで後日塗膜が割れる想定でもグーです。
  ↓
ヘンセイシリコーンNB-LM色見本

また,昨年?発売された,高耐候で物性はLMの範囲内にあるという
アクリルシリコン系の「ペイントセラNB」と
「ヘンセイシリコーンNB-LM」との違いなど,
ちょっとややこしい話もしつつ,
あっという間にお昼になってしまいました。

---------------------------------------------------

東京に戻る三田さんと新大阪で昼食後に別れ,
2社目,水谷ペイントへ。

---------------------------------------------------

水谷ペイントでは,まずは社長さんがいらして,
創業85周年の「社史」をいただいたのですが,
私は,数ページにわたり“全社員の”写真が載せてある
ということに驚きました。(ヒューマンですねー)
  ↓
水谷ペイント社史

直前にシャープ化学工業へ伺ったことをお話しすると
村上社長と水谷社長とは友人関係だそうです。

さて,水谷ペイントは屋根用の塗料では有名な会社で,
近年は外壁用の塗料にも力を入れてきています。
会社の特徴としては,シリコン樹脂を自家製造している点でしょう。
(普通は塗料メーカーが原料として樹脂メーカーから購入します)
その反応釜を含め,1時間くらい工場内を案内していただきました。

そのあと,会議室にて,技術の方,開発企画の方,総勢5名の方と
2時間ほど多岐にわたりお話ししました。
(ちらっと,キューティーTOMOKOさんともお会いしました)
みなさん,各自ノートを持って,終始メモを取りながら話しているのが
たいへん印象的でした。
改善や開発のヒントを探そうと心掛けていることの現れでしょう。

最後に,見せるための実験装置的サンプル