2009年04月13日

【15】ケレン

7日(火)。

2階部分を塗装するための養生の残りと
大屋根の雪止め金物,鼻隠板,軒裏のケレン・目荒らしを
相方に任せて,私は朝から別の現場へ行きました。
 ↓
S邸全景

このお宅は2003年に当店で塗り替え工事を施工させていただき
翌年(?)屋根を延長してソーラーパネル付きの庇を増設,
それを支えるヒノキの柱が5本あります。
 
増設工事の際には建築業者さんのほうで木部用保護塗料
「キシラデコールやすらぎ」という無色に近い塗料が塗られました。
2006年2月に私が呼ばれて同じものを2回塗り重ねましたが
それから3年,こんな状態です。
 ↓
2番の柱の南面

太陽光・雨が当たる部分とそうでない天井面に近い部分とで
すっかり色が違ってしまいました。
 
あまり日は当たらないけど雨が当たる西向きの部分にはカビの類が。
 ↓
1番の柱の西面

これをキレイにして欲しいというのが今回のご依頼です。

表面を電動工具で研磨
→ それでも取り切れないカビ・日焼けを漂白
→ (翌日)自然の赤味が失われた場合は復元
→ (翌日)カビ止めの薬剤を塗付
→ (翌日)キシラデコール1回目塗付
→ (翌日)キシラデコール2回目塗付

と,柱5本で6〜7日かける覚悟で見積書提出して着工となりました。

で,とりあえず,試しにちょっと削ってみると
 ↓
柱の研磨部分アップ

おおっ!これだけで落ちるじゃん。

一見問題なさそうに見える上の方も削ってみるとこの通り。
 ↓
天井に近い部分の柱

全面を研磨することにして,午後4時までひたすら削り続けました。
 ↓
柱の研磨作業中

 
電動工具に接続した掃除機の中には
どんぶり2杯分ほどの「きな粉」状の粉が。
 ↓
掃除機の中

最後に薬剤を塗付して1日目は終了。
 ↓
防カビ薬品塗付

あとはキシラデコールを1日1回,2回塗りすれば完了です。
 
--------------------------------------------------------
 
このブログを斜めに読んでいるネジ系の同業者の中には
キシラデコールの中には防カビの薬品も入ってるから
薬剤塗付の必要は無いだろ,とツッコミたい人がいるでしょう。

んなことはわかってます。
この仕様はキシラデコールのメーカーの人と
薬品メーカーの人,両方にご意見を伺ってから決めました。
薬剤塗付が有効か否か,5年後にわかります。

多少有効であるにしても,日焼けは防げませんから
白木をキレイなまま保つためには
2〜3年周期でのメンテナンスが必須です。

向こう30年間のコストを考えたら,たぶん
溶融亜鉛メッキの鉄柱またはステンレスの柱にした方が
はるかに安上がりだと思います。

でもそのようなドライなだけの判断は,
未来のロボットが人類の絶滅を謀るのと似ている
と思いますが,いかがでしょう?(笑)


この記事に拍手する     






コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)         ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市