2009年09月30日

シーリング(コーキング)

新作ビデオです。



本編「サイディング外壁のコーキング」を作るのは
かな〜り時間がかかるので,番外編の小ネタからいきました。

--------------------------------------------------------

先日,お世話になっているシーリングメーカーの営業の方が
技術の方を連れて来られて,紹介していただきました。
後日,ペンキ屋としての疑問と要望をメール。

塗料の場合は,1液形よりも2液形の方が圧倒的に優れています。
ならば,シーリングもそうなのでしょうか?

でも,数年前,コーキング打ち替えを防水業者に依頼,
主剤と硬化剤と色粉を現場で混合する2成分形の
サイディング用変成シリコンを使用してもらいましたが,
その後の経過が1成分形より良い,とは思えませんでした。
(施工前の状態が特に悪かったので5年間毎年見に行きました)

そのへんが質問のメインです。

回答の結果,やはりシーリングも2成分形の方が良いならば,
2成分形へ切り替えようか,と考えていたのです。
(シーリングの場合は2成分形の材料の方が安上がりです)

しかし,『個人的な見解』としていただいた文中では

一概に1液2液どちらが高性能という議論はできない

とのことで,以下大雑把なまとめ

弾性復元性が高いのは2成分形であり,その意味では高性能

弾性復元性が良いシーリング材をサイディング目地に適用すると
界面剥離のリスクが高い
(戻ろうとする力が強いので剥がれたり裂けたりしやすい)

応力を受けてから次第に緩和されて内部応力が弱まっていく
応力緩和タイプの方が剥離リスクが低減される
(応力緩和と弾性復元性は矛盾する)

サイディング用シーリング材は応力緩和タイプが多い

2成分形は失活せずに残存する触媒(硬化剤に含まれる成分)により,
紫外線・熱・湿気・サイディングの動きといった複合状況下で
発泡現象が発生する場合がある

専門用語続出の回答を私なりに咀嚼した末,
『応力緩和タイプ』の1成分形という結論になりました。

--------------------------------------------------------

この回答をくださった方のメーカー「シャープ化学工業」では
最近,「変成シリコン」ではなく「アクリルシリコン」として
耐候性をアップした「ペイントセラNB」を上市しました。

「ペイントセラNB」は現状でもサイディングに使用可能ですが
私が思うには,塗り替えの場合は露出でなく塗膜で覆うので,
耐候性よりもモジュラスが低いことのほうが重要。
よって,現在は「ヘンセイシリコーンLM」を使用しています。

ところが,近々,「ペイントセラNB」をマイナーチェンジして
さらにLM化するかもしれないそうです。
もし「ヘンセイシリコーンLM」よりもLM化されたらシフトします。
(いつものテストピースお待ちしております)
この記事に拍手する     






コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます


    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)         ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市