塗装工具・材料

2011年09月04日

ペール缶の「刷毛漬け」(刷毛保存容器)

何度か当店に応援に来てもらったことのある
岡山県の塗装店【あおい】(旧/アートペイント)の青井さんから
「曽根塗装店のあの刷毛漬けの写真を送ってほしい」
というリクエストがありました。

未提出見積書がどんどん溜まっていって やや焦ってはおりますが,
気分転換に,青井さんへの返信を兼ねてネタにします。

これが当店の,溶剤系塗料用の「刷毛漬け」(刷毛保存容器)です。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 外径

ペール缶刷毛保管容器 高さ


ペール缶(20Lタイプ)は塗料店にお願いして
未使用新品の物を納品してもらいました。
1,500円くらいだったと思います。

内側はこうなってます。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 内側


溝のある2本の木材のサイズは220×45×15くらいです。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 木材寸法


缶の内面に接する部分は単純に斜めにカットしてあるのではなく,
ずり落ちないように,缶の溝に合わせて出っ張らしてあります。
しかし,後で考えると,単に斜めにカットしておいて,
切断面に短くて頭の丸いネジを打ち込めばOKでしょう。
缶の溝に引っ掛かれば良いわけですから。

ちょっと面倒なのは,刷毛を通す棒を落とし込む溝を作る作業です。
私のやった方法は,4ミリのドリルで上から垂直に
(板の厚みの中央のあたりに)穴を開けた後,
真横から縦穴に向けて何個か穴を開けて,
残っている部分をカッターナイフでカリカリと除去しました。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 木材端部


刷毛を通す棒は直径3ミリです。
写真の物は真鍮製の棒で,ご覧の通り錆びて緑青噴いてます。

水ではなくシンナーを入れるわけで,
まさかこんなに錆びるとは思わず,失敗でした。
当店にはこの刷毛漬けが3つあり,ほかの2つは
刷毛を通す棒をステンレスにしてあって,当然錆びてません。
なので,ステンレス製にすることをおすすめします。

目地刷毛など,他の刷毛より長い刷毛は
上の写真と同様の溝だと毛先が缶の底に着いてしまうため,
このようにして,持ち上げてあります。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 目地刷毛用部分


断面が「コ」の字形のアルミ部材を切って&曲げて作りました。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 目地刷毛用部分細工


端を斜めに切った木材は中央のネジ棒で突っ張らせてあります。
ネジ棒の長さは200ミリあればOKです。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 中央全ネジ棒寸法


別にネジ棒じゃなく,木材でもいいと思います。
寸法ぴったりに切った木材を嵌め込んで
上からT字形の金具をビス留めする,とか。
でも,私的には,刷毛を出し入れするときに邪魔にならないよう
ここをなるべく細くしたかったので金属にしました。
  ↓
ペール缶刷毛保管容器 中央全ネジ棒端部


全ネジ棒(外径約6mm)の中央から外側に向かって,
←ナット(レンチ10ミリ,「M6」サイズ?)
←スプリングワッシャー
←ロングナット
←角座金
←木材
となっていて,金属は全部ステンレスです。


というわけで,これで作れますね,青井さん。

少し考えれば,もっと楽に作れる方法もあると思います。
出来上がったら,ぜひブログにアップしてください。

---------------------------------------------------

ちなみに,ペール缶を「刷毛漬け」として利用するのは
私のアイディアではなく,
10年くらい前に?同業者のHP上で
自作のものが紹介されていて知りました。
(作り方は書いてなかったので,中身は違うと思いますが)

当店はその頃から2液形塗料の使用が多くなり,
刷毛の保管の際にはシンナーに漬け込んでおきたいけど
一般的な,四角くて密閉性が低い「刷毛保存箱」だと
シンナーが蒸発しやすくて車の中がすごく臭くなる,
その点,ペール缶なら良いだろうなあ,と作製しました。

その後,缶が錆びてきたので今年新品に取り換えましたが,
中身は10年くらい前に作った時のままです。

なお,ペール缶を利用した「刷毛漬け」は,市販品も存在します。
青井さんはそれを購入してみたそうですが,
缶が細くて容量が少なく安定性も悪い,
刷毛を通す部分がTVアンテナのように全部一体になっていて
使い勝手が良くない,とのことです。

---------------------------------------------------

以上,同業者には十分通じる話なのですが
最後に,一般の読者向けの補足をしておきます。

下の写真の左側の四角い箱がごく一般的な「刷毛保存箱」です。
  ↓
「刷毛保存箱」とペール缶


フタは昔の弁当箱のように,ただ被せてあるだけで
密閉性はありません。
中に液体を入れて倒したらドバドバこぼれてしまうでしょう。

本体の接合部はハンダ付けしてあり,
新品のうちは液体を入れても漏れないです。

でも,たぶん「液体を入れて漏れても補償しないですよ」
という意味合いで「液体は入れないでください」という
建前になっています。
(液体を入れずに使っている人はかなり稀だと思いますが)
  ↓
「刷毛保存箱」の内側


それに比べて,ペール缶のフタは,
本体と接する部分にパッキンが付いています。
  ↓
ペール缶のフタ


フタを被せてからバンドを嵌めて,ハンドルで締め込み,
さらにハンドルが起きないように爪を差し込むように出来てます。
  ↓
ペール缶のバンドと爪


なので,ペール缶は液体が入った状態で倒しても
中身がこぼれない程度の気密性があります。

ペール缶利用の「刷毛漬け」の作製にあたり
ネジ棒で突っ張らせる面倒なやり方にしたのは
外側からのビス止めなど,缶に穴を開けるような加工をすると
気密性を損なってしまうからなのです,つまり。

---------------------------------------------------

ここ12年くらいで,一般的に使用される塗料の種類が
ずいぶん変わったように思います。

OPやSOPといった昔の塗料であれば
使い終わった刷毛に多少塗料が残っていても
空気を遮断すれば ほぼ硬化しないため,
刷毛を浸けておく液体は,水,ボイル油,塗料用シンナー,
サラダオイルやそれらを混合したものなど,
いずれにしても揮発性の低い液体でOK,
よって,密閉性の無い「刷毛保存箱」でも よかったわけです。

しかし,2液形の塗料は空気に触れなくても硬化してしまうため
使用後の刷毛はある程度しっかり洗った上で,なおかつ,
揮発性の高い強いシンナーに浸しておかないと
刷毛が固まって使用不可になってしまうのであります。

で,曽根塗装店的にはペール缶利用の「刷毛漬け」という
ことになっているわけですが,もう一つの対応方法として,
今から11年前(2000年頃)すでに,
『刷毛を洗う時間とシンナーとそのシンナーを処分する費用,
全部無駄だから,刷毛はすべて使い捨て,100円刷毛です』
という知り合いがいました。

そっちの方向の人から「試しに」といただいた
激安の刷毛を使ってみたこともありますが
慣れようと努力しても結局,私には耐えられませんでした。

当店は特に高価な刷毛を使っているわけではないですが
価格が10倍以上違うのに使い心地に差が無いはずもなく
ひたすらイライラするのですよ。

なるべくキレイになるべく速く塗る,という結果を目指すとして,
1,800円くらいの刷毛で塗るよりも,100円の刷毛で塗るほうが
圧倒的に難しい(不可能?)ですから,その意味で
「弘法筆を選ばず」というのは,成程そうかもしれんなあ,
と思いました。
この記事に拍手する     
<店主> at 02:11コメント(0) 

2011年02月07日

「虎」ローラーのDVD

えー,前回更新から,あれこれあって どうも余裕がなく,
見積書作ったりしてるうちにあっという間に2ヶ月。

で,大阪に行ってきたことを前回記事にしましたが,
その時に撮影された映像を収めたDVDが
1月末に太豊刷毛ブラシ工業様より送られてきました。
  ↓
「マイクロファイバー・デモ・DVD」太豊刷毛ブラシ工業


これがDVDから抜き出した,私の出演部分であります。
  ↓
「黒虎」ローラーで塗装中


実験のために,ベニヤ板を半分に区切って,
右側を従来品のローラーで塗装,
そして「虎」ローラーに換えて左側を塗ってる場面です。

何を意図した塗り比べなのかは,見てのお楽しみ,ということで
ここでのネタバレは避けますけれども,
この他にもヤラセぢゃない実証試験映像が収録されています。

見たい方は,下記ページよりお問い合わせください。

【太豊刷毛ブラシ工業 お問い合わせフォーム】

まあ,いずれは,DVD配付と並行して,
「YouTube」にアップしてHPに埋め込むとよいですよね。

---------------------------------------------------

2/16 追記

ななななんと,すでにアップされてましたので,埋め込みます。



この記事に拍手する     
<店主> at 23:57コメント(0) 

2010年12月03日

大阪に行ってきました

昨年,大豊刷毛ブラシ工業の社長さんから
「来年,今井さんと一緒に大阪に来ませんか?」というお話をいただき
このたび,それが実現しました。

生来 出不精なこともあって,大阪に行く機会など まずありませんから
ご招待に便乗して2泊3日で大阪に行ってきました。

28日(日)出発,群馬県の今井塗装の今井さんと新幹線の中で合流。
到着後,新大阪で待ち合わせた平下塗装の平下さんと8年ぶり?の再会。
しばし,お話ししてから,ホテルまで送ってもらい,
夕方,大豊刷毛ブラシ工業の社長さん&営業課長さんと食事会。

---------------------------------------------------

明けて29日(月),朝一番で大豊刷毛ブラシ工業の本社見学。
「本社」とはいっても,箱物(ビル)じゃなく,民家の集合体。
近隣を飲み込みながら拡大した歴史がそのまま集約したような風情です。

そして,貸倉庫にて今回の主目的である「撮影」が行われました。
  ↓
虎シリーズローラー撮影風景


大豊刷毛ブラシ工業の「虎シリーズ」のローラーは,
2年前に群馬県の「クチキテック」の朽木さんから教えてもらいました。
以来,曽根塗装店で外壁・屋根の塗装で使用するローラーは
ほとんどが「虎シリーズ」に変わってしまったほど気に入っています。

「虎シリーズ」のローラーは毛の長さによって,
5ミリの「白虎」,10ミリの「赤虎」,12ミリの「黄虎」,
13ミリの「銀虎」,18ミリの「黒虎」と5種類あります。

その「虎シリーズ」に共通するのは,
「マイクロファイバー」という繊維が使われていることで,
要するに毛が細い。

上がごく一般的な従来品のローラー,下が「黒虎」です。
  ↓
従来品と「黒虎」


従来品のローラーを定規と一緒にズームマクロで撮った写真がコレ。
  ↓
従来品マクロ


そして,「マイクロファイバー」がコレ。
  ↓
黒虎マクロ


含みがよい,吐き出しがスムーズ,
飛散が少ない,発泡しにくい,
凹凸面によく馴染む,

という特徴があります。

大豊刷毛ブラシ工業では,それを映像化して営業に役立てたい
という意向があり,今回の撮影となったわけです。

今井さんと私と担当者の営業課長 岩本さんは,
何を準備して どういうシチュエーションで撮影すれば良いか,
事前に何度か相談して,この日に臨みました。

プロのカメラマンによる撮影は夕方まで続き,
いくつかは予想通り上手く撮影されましたが,
狙い通りには撮れなかった課題もあり,
それはなぜか?と考えると,
やはり「フィーリング」の領域なんですよね。

従来のフツーのローラーでも塗れないことはない。
でも,「虎」だと心地良く塗れる。
使ってみれば,わかる人にはわかる違い。
そういうレベルの差異は映像化が不可能なわけで。

当店で最も多用するのは18ミリの中長毛「黒虎」で,
最近シマシマを無くしたバージョンも発売されました。
  ↓
2種類の「黒虎」

リシンやスタッコの塗替え,それにカラーベストの塗装では
私的には,「黒虎」以上のローラーは無いと思います。

好みの問題もありますが,実際に試してみたい方は,
「シマシマのない黒虎」の有償サンプルを請求してみましょう。
(大豊刷毛ブラシ工業 06-6792-0388)

なお,撮影された映像は年内にDVD化されるそうなので
とても楽しみにしています。

---------------------------------------------------

撮影後の打ち上げで「てっちり」をゴチになり,
ペンキ屋のくせにアルコールに強くない私は
それでもめちゃめちゃ旨いと思ったヒレ酒でふらふらになった翌日,
30日(火),メーカー2社へ見学。

---------------------------------------------------

1社目はシーリング材・接着剤メーカーのシャープ化学工業です。
この日に合わせ,東京営業所の三田さんがいらして同行,
埋め立て地の工業団地内にある本社工場へ。
  ↓
シャープ化学工業本社工場

初対面の社長 村上さん自ら,工場内を案内してくださいました。
練って作っているところと,容器に充填するところが離れており,
両方を見せていただいた後,技術部門へ。

これまでにも何度かお会いして,
当店の現場にいらしたこともある開発課長の永江さんと再会し,
お話しした後,各種試験機などを見せていただきました。
特に興味深かったのは,やはり屋上にある曝露試験場です。

シーリング(コーキング)と塗装は
現場では かなり密接な関連があるのですが
塗料メーカーは現実的でない「後打ち」を推奨し,
シーリングメーカーは「確認してください」と
両者ともに逃げ腰です,普通は。

なので,ブリード防止の下塗塗料がぜんぜん効かなかったり
大手メーカーのノンブリードシーリングが実際はブリードしたり
といった困った現実があります。

しかるに,シャープ化学工業の偉いところは
自社製品と各メーカーの各種塗料との相性を
きちんと真面目に実験しているという点です。
ペンキ屋としては安心して使えます。

サイディング住宅でのシーリング打ち替えでは当店標準品の
「ヘンセイシリコーンNB-LM」は約50色をラインナップしており,
後打ちだけでなく,先打ちで後日塗膜が割れる想定でもグーです。
  ↓
ヘンセイシリコーンNB-LM色見本

また,昨年?発売された,高耐候で物性はLMの範囲内にあるという
アクリルシリコン系の「ペイントセラNB」と
「ヘンセイシリコーンNB-LM」との違いなど,
ちょっとややこしい話もしつつ,
あっという間にお昼になってしまいました。

---------------------------------------------------

東京に戻る三田さんと新大阪で昼食後に別れ,
2社目,水谷ペイントへ。

---------------------------------------------------

水谷ペイントでは,まずは社長さんがいらして,
創業85周年の「社史」をいただいたのですが,
私は,数ページにわたり“全社員の”写真が載せてある
ということに驚きました。(ヒューマンですねー)
  ↓
水谷ペイント社史

直前にシャープ化学工業へ伺ったことをお話しすると
村上社長と水谷社長とは友人関係だそうです。

さて,水谷ペイントは屋根用の塗料では有名な会社で,
近年は外壁用の塗料にも力を入れてきています。
会社の特徴としては,シリコン樹脂を自家製造している点でしょう。
(普通は塗料メーカーが原料として樹脂メーカーから購入します)
その反応釜を含め,1時間くらい工場内を案内していただきました。

そのあと,会議室にて,技術の方,開発企画の方,総勢5名の方と
2時間ほど多岐にわたりお話ししました。
(ちらっと,キューティーTOMOKOさんともお会いしました)
みなさん,各自ノートを持って,終始メモを取りながら話しているのが
たいへん印象的でした。
改善や開発のヒントを探そうと心掛けていることの現れでしょう。

最後に,見せるための実験装置的サンプル,をいただいたのですが,
私はこれにいたく感心しました。
どんなものかは,ここには書きませんけど,
圧倒的に無骨なところが実に水谷ペイントっぽくてすごくイイんです。

あれこれ お話ししているうちに5時を過ぎてしまい,
すっかり暗くなってしまいました。
  ↓
水谷ペイント本社工場


---------------------------------------------------

大豊刷毛ブラシ工業,シャープ化学工業,水谷ペイントの皆々様,
暖かい歓待 どうもありがとうございました m(_ _)m

今回の見聞を今後の曽根塗装店の仕事に生かして参りたいと思います。

この記事に拍手する     
<店主> at 21:27コメント(0) 

2010年03月11日

カーボマスチック

細かすぎてぜんぜんウケないのではないかと思っていた
「ベランダの笠木」のほうが,
わりとリキ入れた「鉄の塗装」よりもウケてる(拍手数が多い)
ということをとても意外に思っていたところ,
「鉄の塗装」に対し,感想のメールをいただきましたので
以下に ご紹介いたします。

---------------------------------------------------

はじめまして。
当方、○○市の工業系金属塗装を専業とする
○○塗装の○○と申します。

自作での貴ホームページ・ブログを
ちょくちょく覗かせてもらっています。
私のお気に入り(気になっている)記事は、
「塗料の黙示録」とブログ記事での「カーボマスチック関連」です。

特にカーボマスチックに関しては、
前々から非常に興味がある塗料でしたが、
弊社にて使用する機会がなく(客先にて材料指定のため)、
ブログ記事が大変参考になりました。

ブログにコメントを残そうとしましたが、
コメント本文にNGワードがあったようで弾かれてしまいました;;

(以下略)

---------------------------------------------------

ということで,この方のブログ上で
当店HPとブログへリンクしたことのお知らせでした。

自動車のレストアなど建築以外の防錆塗装で
「カーボマスチック」に注目している人がいるらしい
ということは知っていましたけれども,
工場内の金属塗装でも注目している方がいるのは意外でした。

ブース内での塗装といえば,焼付塗装,電着塗装,粉体塗装など,
使用塗料のジャンルが建築の現場塗装とは全然違うと思っていたので。

私からは,コメントがはじかれた原因がわからないことのほか,
下記のような返信をしました。

---------------------------------------------------

(カーボマスチックは)
当店では現場で過去2回使用したことがある,
ということをブログに書きましたが,
それは依頼者からの指定ではなく,
実は,1回目も2回目も,見積書記載外での使用です。

建築塗装でも下請施工の場合は,
材料指定や材料支給ということがザラでしょうが,
当店の場合は,建物のオーナーさんからの直接依頼であるため
基本的に,私の判断で工法や材料を選択して提案(見積り)します。

そして,現場状況により,自分がやってみたいと思えば,
見積書記載のものより高額な塗料を使用してみたり,
手間のかかる下地処理を行ったり,勝手に塗り回数を増やしたり,
ということをたびたびやらかしています。

そのような暴走は健全な経営者としてはNGでしょうが
「カーボマスチック」の採用に限らず,
初めての試みや初採用の材料ではそういうことが良くあり,
それこそが元請けの面白さであり,親方の特権だと思っています。

なので,本当に『非常に興味がある』のならば,
その真価が試せそうな依頼品に遭遇したときに
自腹を切ってみてはいかがでしょう?
大損しても責任は持てませんけど(笑)

(中略)

(工業系金属塗装は)「塗装」ではあっても,
建築とは材料が異なり,私が知らないことがたくさんあります。
今後そちらの方面でわからないこと・知りたいことが出た時には
ご質問させていただくことがあるかもしれません。
その節には どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

---------------------------------------------------

メールしてから,書いとけば良かったな,と思ったのは
ダメかもしれませんが,工場見学のお願いです。

分野の違う塗装を見せていただくことで
何か面白い発見があるかもしれませんから。
この記事に拍手する     
<店主> at 00:25コメント(2) 

2009年09月30日

シーリング(コーキング)

新作ビデオです。



本編「サイディング外壁のコーキング」を作るのは
かな〜り時間がかかるので,番外編の小ネタからいきました。

--------------------------------------------------------

先日,お世話になっているシーリングメーカーの営業の方が
技術の方を連れて来られて,紹介していただきました。
後日,ペンキ屋としての疑問と要望をメール。

塗料の場合は,1液形よりも2液形の方が圧倒的に優れています。
ならば,シーリングもそうなのでしょうか?

でも,数年前,コーキング打ち替えを防水業者に依頼,
主剤と硬化剤と色粉を現場で混合する2成分形の
サイディング用変成シリコンを使用してもらいましたが,
その後の経過が1成分形より良い,とは思えませんでした。
(施工前の状態が特に悪かったので5年間毎年見に行きました)

そのへんが質問のメインです。

回答の結果,やはりシーリングも2成分形の方が良いならば,
2成分形へ切り替えようか,と考えていたのです。
(シーリングの場合は2成分形の材料の方が安上がりです)

しかし,『個人的な見解』としていただいた文中では

一概に1液2液どちらが高性能という議論はできない

とのことで,以下大雑把なまとめ

弾性復元性が高いのは2成分形であり,その意味では高性能

弾性復元性が良いシーリング材をサイディング目地に適用すると
界面剥離のリスクが高い
(戻ろうとする力が強いので剥がれたり裂けたりしやすい)

応力を受けてから次第に緩和されて内部応力が弱まっていく
応力緩和タイプの方が剥離リスクが低減される
(応力緩和と弾性復元性は矛盾する)

サイディング用シーリング材は応力緩和タイプが多い

2成分形は失活せずに残存する触媒(硬化剤に含まれる成分)により,
紫外線・熱・湿気・サイディングの動きといった複合状況下で
発泡現象が発生する場合がある

専門用語続出の回答を私なりに咀嚼した末,
『応力緩和タイプ』の1成分形という結論になりました。

--------------------------------------------------------

この回答をくださった方のメーカー「シャープ化学工業」では
最近,「変成シリコン」ではなく「アクリルシリコン」として
耐候性をアップした「ペイントセラNB」を上市しました。

「ペイントセラNB」は現状でもサイディングに使用可能ですが
私が思うには,塗り替えの場合は露出でなく塗膜で覆うので,
耐候性よりもモジュラスが低いことのほうが重要。
よって,現在は「ヘンセイシリコーンLM」を使用しています。

ところが,近々,「ペイントセラNB」をマイナーチェンジして
さらにLM化するかもしれないそうです。
もし「ヘンセイシリコーンLM」よりもLM化されたらシフトします。
(いつものテストピースお待ちしております)
この記事に拍手する     
<店主> at 04:23コメント(0) 
店主
曽根匡史 1961年 A型

HPはこちらです

外壁塗装【曽根塗装店】神奈川県横浜市

塗装工事のビデオ

YouTube:曽根塗装店チャンネル
訪問者数

    ランキング
    下のバナーをクリックすると,
    同業ブログ一覧ページに飛ぶ
    と同時に,その一覧での
    曽根塗装店ブログのランキングの
    上昇に寄与します。
    たまに見るランキングの順位が
    上がってくると,人情として,
    更新のモチベーションも上がる
    ので,「まだかまだか」と
    新たな記事を鶴首されている方は
    是非,下のバナーをクリック
    しましょう (笑)

    にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ



    blogram投票ボタン


     ★ コメントについて ★
      
    ご訪問ありがとうございます
     m(_ _)m
      
    当該記事の内容,あるいは
    曽根塗装店に対しての
    ご感想や興味深いコメントは
    歓迎いたします。
      
    コメントは店主の確認後に
    公開状態になります。
      
    コメントの内容によっては
    公開しないこともあります。
      
    実名でのコメントは,
    原則として匿名化します。
      
    知り合いからのコメントは
    公開する必然性がある
    と思える場合を除き
    原則として公開しません。
      
    気軽に一言入れたい場合は
    拍手ボタンからどうぞ。
      
    但し,システム上,
    拍手ボタンからのコメントは
    どの記事のボタンによって
    送られたコメントなのか
    こちらでは認識出来ません。
    そのため,拍手ボタンから
    コメントいただいた場合,
    何に対してのものなのか
    意味不明なことがあります。
    特定記事に対するコメントは
    「拍手ボタン」ではなく,
    その下の「コメント」から
    お願いいたします。
      
    逐一レスを返すことは
    できませんけれども,
    必ず読んでいます。

    ご相談やご質問がある方は
    本体の 曽根塗装店HP を
    ご確認いただいた上で,
    アンケートフォーム から
    お願いいたします。


    月別アーカイブ


    「YouTube」で公開中の
    動画を一部ご紹介いたします

    YouTube:曽根塗装店チャンネル




     ※ チャンネル登録 すると
     新作ビデオ公開と同時に
     YouTubeのシステムから
     お知らせメールが届きます



    amazon
     
    Amazonアソシエイト・プログラムについて
    当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。






    曽根塗装店 ドット オルグ(外壁塗装の職人のブログ)         ※HPは→ 外壁塗装【曽根塗装店】横浜市